物が二重に見える味付けが濃くなるめまいは頚骨脳底動脈循環不全

公開日: : 最終更新日:2015/05/22 総合内科

めまいの問診・名医の視点

比較、頚骨脳底動脈循環不全
●手足のしびれしゃべりづらいなどある?
はいなら脳疾患・いいえなら次へ

●動悸息切れ胸がいたくなったりする?
はいなら心臓や不整脈など・いいえなら次へ

●耳詰まり耳鳴り聞こえづらさはある?
はいなら耳の音を聞く器官・いいえなら次へ

●眼振検査、頭を動かすことであえてめまいを誘発
はいなら平衡感覚・いいえなら次へ
頭位めまい症の場合、黒目が小さな回転を繰り返すことが多い。

●冷え性や発汗がある?
はいなら自律神経・いいえなら次へ

●ストレスや悩みはあるか?
はいならうつ病、心因性・いいえなら次へ

●何か変わったことは?新聞の文字が見えづらくなったとか
物が見えづらくなった物が二重に見えたり視覚異常がある。

●飲み込みづらい、舌を噛む、味がわかりづらいがあるか?
料理の味付けが濃くなった。

●左右に頭を振ると?
眼球が上下に不規則に動く。

めまいは頚骨脳底動脈循環不全だった

めまいは頚骨脳底動脈循環不全だった
首の血管を調べると、頚骨脳底動脈循環不全と病名がついた。
原因加齢は乱れた食生活や動脈硬化。

頭を動かしただけで視覚障害や味覚障害が起こる
脳幹に血液がいかないとちょっと頭を動かしただけで視覚障害や味覚障害が起こる。
あの眼振検査(頭を左右に振る)は首の血管を見ていた。
頚骨脳底動脈循環不全は首の骨の中を通っている。
左右に頭をふると血管を圧迫してめまいが発生。
目が動くのも特徴。

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑