インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

公開日: : 総合内科

私のブログでもアクセスがほとんどないインフルエンザネタです。

インフルエンザと風邪の違いは?

突然高熱が出ること。

なぜインフルエンザは突然熱がでるのか?

ウイルス自身の増殖スピードが速いから。
1日たつと約100万個に増える。
全身を使って熱を出して体を守る。
高熱、関節痛症状が長引き、肺炎などの合併症を引き起こすことも。

インフルエンザが最も増殖しやすい場所は?

鼻から咽にかけての上気道といわれる部分。
場所が分かれば効果的な予防法が分かる。
のど温度は体温より低く、約33度、ウイルスの増殖にもっとも適した温度。
冬場の寒い時期に冷たい空気を吸い込むことで33度になり安い。

冬に流行しやすい3つの理由は?

1.空気の乾燥
2.ウイルスの増殖に適した温度
3.日が出ている時間が短いから

インフルエンザ予防には日光浴

日光に当たることによって、
ビタミンDがある 太陽が光に当たることで活性化
骨粗しょう症にいいというが、
日光浴で体内のビタミンDが活性化すると
ウイルスを倒す抗菌ペプチドが出きる。
結核の治療薬がない頃、日光浴が治療のひとつだった。
日光浴でインフルエンザ対策ができる。
だが、紫外線は浴びすぎると体に悪い。

インフルエンザ予防には1日20~30分日光浴をすればいい。
適度な日光浴は体にいい。
冬の時期に肌をだして日光浴はできないが、手だけの日光浴でも効果は期待できる。
ビタミンDの豊富な食材はしいたけ。

今が時期!インフルエンザの情報のまとめ一覧

関連記事

no image

血圧の上と下どっちが危険?

血圧には上と下が有る。 どちらが危険か

記事を読む

no image

右下腹部痛は肺の関連痛だった、膿胸、胸膜炎

総合診療医ドクターG ベテラン漁師58

記事を読む

no image

美肌にコラーゲンは時代遅れ。今はエクオールの時代

空気が乾燥する冬は肌のかさつきやしわが気

記事を読む

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性のぢは、肛門外来で 今日の7時から

記事を読む

no image

関連痛-脊髄神経の領域で脳が痛みの場所を取り違える

ひとつの病気で一つの場所で説明するには関

記事を読む

no image

チョコレートで血圧が下がる

チョコレートに降圧効果あり。 愛知県蒲

記事を読む

no image

デザートと別バラ、脂肪、油は学習記憶障害が起きる

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

no image

危険なウイルスワースト5は死亡率で決まる!

今知っておくべき、危険なウイルスワースト

記事を読む

no image

生活習慣などで変化する遺伝子、遺伝の癌は5%程度

がんを早期に発見できる検査が遺伝子検査。

記事を読む

no image

胃薬とジュース、便秘薬は牛乳と一緒に飲んではいけない

平成26年11月23日の駆け込みドクター

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑