皮膚は5つの感覚センサー、徐脈が原因のドライアイスセンセーション

公開日: : 最終更新日:2016/06/21 総合内科

皮膚には5つの感覚センサーがある

皮膚には5つの感覚センサーがある
皮膚には痛いと感じる痛覚(自由神経終末)、
冷たいと感じる冷覚(クラウゼ小体)、
暖かいと感じる温覚(ルフィニ小体)、
圧覚/触覚(マイスネル小体)
圧覚/触覚(ハチニ小体)
5つの感覚がある。

冷たいもの冷覚が脳に信号
皮膚の温度が0度近くになると冷覚は働きません。
温度が極端に低い場合は痛いと感じる。
ドライアイをさわり続けると凍傷になる。
危険を脳に伝えます。

痛みを感じる温度が上がっている

痛みを感じる温度が上がっている
患者の症状が起きたことを考える。
この患者は痛いと感じる温度の基準が移動している。
水などの痛みを感じるはずのない温度でも痛みを感じていた。
症状の名前にはものの名前がついている。

ドライアイスセンセーションの原因は除脈

痛覚が異常を起こし、本来痛みを感じない温度でも痛いと感じる神経症状。
なぜドライアイスセンセーションが引き起こされたのか?

3ヶ月前に意識消失を伴う湿疹。
除脈もあった。
心拍数が正常よりも少ない60未満
になると脳に血液が十分にいかず失神することがある。
このときの除脈は何を意味するのか?

転倒の前に失神していた可能性が高い

実は私、倒れた時のこと覚えてないんです。
階段で転倒したときのことを覚えていなかった。
転倒の前に失神していた可能性が高い。
何が除脈を引き起こしたのか?

失神の前にあったこと、腹部の痛みがあった。
患者に聞いておきたいことは?
釣りが趣味、どんな食べ物を食べた?
食中毒?その毒はどこに?
低血圧で除脈。毒は心臓に行くことはありえる。
心臓に到達した毒素は動脈血に乗って、神経を栄養する血管に到達。

何らかの原因で食中毒。
毒が消化器から心臓に到達。
除脈で失神して転倒。
毒素は全身の神経へ。
その結果、しびれやドライアイスセンセーション。

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑