トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

公開日: : 総合内科

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
寝返りができない赤ちゃんで脳出血は起こさない。
仕組みのわからない頭の中の出血は虐待を疑う大きなサイン。

病院は診断すると児童相談所に通告。
児童相談は病院に保護を依頼するそうです。

救急病院で働いていますがそういったケースは見たことがない。
というより病院は子供を強制に保護することなんてできるわけがない。

トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

トライエージ+で警察を呼び、面倒になったことはありますけど。
(医療事務の私が休みの日に聞いた話)
患者は「なぜ警察を勝手に呼んだのだ」と大騒ぎになったそうです。
結末は、警察は患者をパトカーに乗せず帰宅させました。
薬剤反応が+だったのですが結局は病院で拘束することはできなかったからです。
(偽陽性となる薬があるので本当に禁止薬剤かどうかなんてわからない)

その患者は帰宅中「しめしめ、まんまと逃げてやったぜ」と思っているに違いないでしょうね。
呼んだのはなんていう医者だったか忘れました。研修医ではなかったような気がする。

基本的にトライエージは保険診療外で患者負担です

トライエージは患者負担です。
医者がすると医療事務は勝手に患者に実費負担で徴収します。
同じようなのは妊娠疑い、β-HCG定性(子宮外妊娠の疑い)で使われるテストパックですね。
レントゲン撮影などが必要な場合で若い女性で妊娠を否定できない場合、テストパックで妊娠を調べる。
そのテストパックは患者に実費で徴収するなんて具合です。
(子宮外妊娠の疑いの場合は保険点数で算定します)

関連記事

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性の痔の専門外来は日本橋レディースクリニック

女性のぢは、肛門外来で 今日の7時から

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

むくみもどき、心陰影拡大は甲状腺が腫れている?

むくみもどき。 全身の臓器がむくんでし

記事を読む

no image

インフルエンザと風邪の違い、突然熱の理由

私のブログでもアクセスがほとんどないイン

記事を読む

no image

世代別の必要な睡眠時間、足りない?寝すぎ?

睡眠時間は糖尿病発症率にも影響する。

記事を読む

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪を引いたら鶏肉を食べる

風邪の時こそ肉を食べるべき。 喉の粘膜

記事を読む

寒暖差アレルギーとは?外で鼻水が出る

寒暖差アレルギーとは?外で鼻水が出る

風邪でもないのに鼻水がタラリ。 それは

記事を読む

no image

眠りを妨げるダメな行動

夕食後に緑茶はダメ 緑茶はカフェイ

記事を読む

球状赤血球症

赤血球が原因。りんご病2週間後のだるさ、黄疸、胆石、貧血の病名は?

82歳の母と二人暮し。 母は認知症で世

記事を読む

no image

緊張で手汗は病気?ジョギングは昼、朝に下痢

あまり汗をかかない あまり汗をかか

記事を読む

no image

重度の睡眠時無呼吸症候群は8年後に4割が死ぬ

病気を引き起こす原因に酷いイビキがありま

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑