りんご病は治療法無し一週間で自然に治る、だが流産の恐れ

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 総合内科

子供のほっぺたが赤くなることからりんご病と呼ばれる伝染性紅班は、大人もかかる。
関節の強い痛みが長引いたりする。
妊婦が感染すると流産のリスクも。
春から夏にかけてが患者が増えるシーズン。

ヒトパルボウイルスB19

りんご病(伝染性紅班)の原因となる人のみに感染するウイルス。
パルボはラテン語の小さいに由来。
ウイルスの大きさは20ナノメートル。
りんご病だけでなく、他の疾患の原因になることもある。
赤血球の寿命が短くなるために起きる溶血性貧血などの血液疾患患者が感染すると、急性の重い貧血症状を起こすことがある。

りんご病は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスが原因。
感染者のせきやくしゃみで飛まつ感染、汚染された手で口や鼻を触るなどで体内に入ったりが感染経路。
数日から2週間の潜伏期間のあと、発熱やだるさなどインフルエンザに似た症状が出る。
続いて特徴的な赤い発疹が出るが、そのころにはもう人に広げる恐れはない。

大人の伝染性紅班の特徴

関節の炎症やむくみ(特に女性)
頬の発疹は少ないが出る場合は手足にでる
妊婦が感染すると流産になる場合がある

特別な治療法無しで治る

通常は一週間で自然治癒する。
妊婦が感染すると流産の原因になることがある。

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑