睡眠時間、若い世代、働く世代、熟年世代

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 総合内科

世代別に、ぐっすりストレス無く良眠できるための注意点を書きました。
是非参考にして、明日への活力にしてくださいね。

若い世代

夜更かしを避け体内時計のリズムを保つ
規則正しい生活をする
夜型化しないように休日も遅くまで寝床で過ごさない
朝、目が覚めたら日光を取り入れる
夜更かしは睡眠を悪くする
起床直後、太陽の光を浴びて体内時計の遅れを防ぐ。
必要な睡眠時間の目安7~8時間

働く世代

疲労回復、能率アップに毎日十分な睡眠をとる
日中の眠気は睡眠不足のサイン
睡眠不足は結果的に仕事の能率を低下させる
睡眠不足が蓄積すると回復に時間がかかる
午後の短い昼寝で眠気をやり過ごし能率改善
寝不足ならば午後の早い時間に30分以内の短い昼寝を。
必要な睡眠時間の目安6時間半~7時間

熟年世代

朝晩はメリハリ、昼間は適度な運動
寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る
年齢にあった睡眠時間を大きくこえない習慣
適度な運動は睡眠を促進する
ウォーキングなどは熟睡感をアップさせる
必要な睡眠時間の目安6~6時間半

注意:間違った快眠法

最適な睡眠時間は8時間
寝付けないときは寝酒
レタスを食べればぐっすり寝れる
90分の倍数で寝れば短い時間でもOK
訓練で睡眠時間は減らせる

参考:世代別の必要な睡眠時間

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑