風邪で咳が酷くて寝れないときは?

副腎皮質ホルモンは医薬品にも使われている。
弱った部分を治し免疫力を活性化する。
より多く分泌するためにしっかりした睡眠が必要。

風邪で咳が酷くて寝れないときは?

名医がぐっすりねむれる方法をテレビで放送してました。
それは横を向いて寝ることです。
気道確保できる。
首の骨の前には空気の通り道気道がある。
呼吸がしやすいようにすると風邪からの回復が早い。

ポイントは気道の確保。
風邪の症状を和らげながら良質な睡眠が重要。

夜になると咳がこみ上げて寝れない。
起きているときは元気に頑張ろうとしている。
起きていると呼吸しているほうも気道が開いて呼吸しやすい。
寝ているときはリラックスしていて気道が狭くなり咳が出やすい。

より寝やすい方法は横になること

横になると肺の気管の角度が自然に外側になり呼吸がしやすくなる。

寝ているときにマスクをするのもいい。
マスクすると朝起きた時に調子がいい。
寝ているときはリラックスして口を開けて、乾いた空気を吸う。
自分の息の湿気がのどや鼻をガードする。
自分の体が加湿器代わりになる。