熱中症は室内も注意。元に戻るのに2週間かかるよ

公開日: : 最終更新日:2015/07/15 総合内科

室内の大人でも1日1.2リットル必要です。
連日の猛暑で熱中症になる人が急増している。
重症化すると命に関わる危険があり、暑さや渇きを感じにくい高齢者や体温調節機能が未発達な乳幼児は特に注意が必要だ。
予防法を再確認しておこう。

対策方法の中でも重要なのが水分補給。
熱中症に詳しい兵庫医科大学服部先生(小児科学)は、気温や湿度が高いと体温の上昇を抑えるために汗が出る。
出した分だけ水分を摂取してと話す。

室内の大人でも1日1.2リットル必要

平均的な体格の大人が室内で静かに過ごす場合、料理や食べ物に含まれる水分とは別に飲み物として必要な1日の水分は1.2リットル。
屋外で運動や作業をするならもっと飲む必要がある。

注意したい熱中症

偽熱中症の特徴と対策
後から来る熱中症

朝晩の食事の時と、間2時間ごとに100~200ミリリットルずつ、コップ一杯ぐらい取るのが目安。一度に大量に補うと胃液が薄まり、消化が阻害される。

ただし、コーヒーや緑茶などカフェインが含まれる飲料や、
ビールなどのアルコール類は利尿作用があり、十分な補給にならない場合がある。
糖分の多い清涼飲料水ものどの渇きを招くので避けよう。

お勧めは麦茶と梅干

カフェインを含まない麦茶を勧める。
汗で塩分も出てしまうため水分と一緒に梅干や漬物、塩を振ったスイカなどを食べると良い。特に梅干はミネラル豊富なのでお勧め。

お年よりはトイレが近くなるのを嫌がって水分を控える人が多く、非常に危険。
高齢になると体内の水分量が減り、暑さも感じにくくなっている。
汗は目に見えるほど流れていなくても体から蒸発しているため、気付かないうちに脱水状態に陥るからだ。
高齢者は隠れ脱水にも注意して!!

熱中症になると元に戻るのに2週間ぐらいかかることもある。
のどの渇きを覚えなくてもこまめに水分補給する習慣を。

関連記事

便秘はくも膜下出血になりやすい

便秘はくも膜下出血になりやすい

脳動脈瘤が破裂し脳内出血を起こす病気

記事を読む

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県の高血圧、心臓病で短命は塩分取りすぎ

青森県は食塩消費量1位。しょっぱいものが

記事を読む

フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

インナーマッスルが認知症の予防に効果があ

記事を読む

no image

喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血

記事を読む

転びやすい、薬剤性はドーパミン遮断でプロラクチンが出過ぎるパーキンソン症候群

転びやすい、薬剤性はドーパミン遮断でプロラクチンが出過ぎるパーキンソン症候群

28歳パティシエ、ケーキ職人、仕込み、一

記事を読む

no image

椅子に座る時間が長いと大腸がんになる

先日駆け込みドクターというテレビでやって

記事を読む

no image

研修医はゴミみたいな扱い、何も仕事できない下働き

病院で困った患者 椅子から抜けなく

記事を読む

no image

なぜ寝れない?扇風機は壁に向ける、布団はお腹だけ

なかなか眠れない人はなぜ寝れないのか。

記事を読む

no image

高齢者の水を飲まない拒否むせると脱水の注意

脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細

記事を読む

no image

関連痛-脊髄神経の領域で脳が痛みの場所を取り違える

ひとつの病気で一つの場所で説明するには関

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑