痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

公開日: : 総合内科

通風は尿酸の濃度が高くなると起こる。
夏は暑さで体内の水分が汗として流れて、体内の尿酸濃度が高くなる。
ここ二十年で三倍に増えている。
一度なると再発の可能性が高い。
認定痛風医は日本に51人いる。

尿酸はエネルギーの燃えカス

プリン体代謝されたものが尿酸。
体中にある尿さんが溜まりすぎると痛風になる。
体の中の尿酸濃度が上がりすぎると起こる病気。
汗をかくと体の水分が抜けて血液が濃くなる。。

痛風患者のレントゲン写真

痛風患者のレントゲン写真
結晶がどんどん溜まる。
体にまった 足や指などの尿酸の結晶が剥がれ落ちることで炎症、内出血。
白血球が集まり、大きな炎症で腫れる。

白血球は尿酸の結晶を食べることができないまま死滅。
さらに炎症で激しい痛みが長く続く。
対策は体に尿酸を溜めないことが大事。

プリン体をとりすぎると尿酸値が上がる

痛風の原因になるプリン体はたとえば、イカが多い。32mg。いくらは0.7mg入っている。
特ににぼしが多い。
痛風は贅沢病でもない。
なぜなら、プリン体を多く含む食べ物は身近にあるからです。

痛風予防法

痛風に低脂肪牛乳?高い尿酸はプリン体が原因

ラーメンなどのスープを飲まない

煮干や鰹節などのプリン体が溶け出している。
プリン体は水にとけやすい。
痛風の人は魚介類を調理するときした湯でしてから調理するのがいい。

尿をアルカリ性にする

尿酸は酸性。尿がアルカリ性になると尿酸が尿に溶けやすい。
アルカリ性の食品を食べることが重要。
海草、大豆、菜根類、酢など。

自分の尿を調べるのは PH試験紙。
おしっこにつけるとアルカリ性か酸性かわかる。

1日コップ1杯の低脂肪牛乳を飲む

低脂肪乳は値段が安い!
低脂肪乳が予防する研究結果。
アメリカで痛風を43%確立を低下させたそうです。
乳タンパクのカゼインなどが、尿酸の排出を促すといわれている。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑