「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。 発熱(38度以上)時の緊急度の目安 0~3か月 機嫌がよく食欲があっても24時間以内に受診 4~5か月

続きを見る

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出る という違いがあります。アレルギーとかぶれはまったく別物なのです。 親の妊娠中授乳中の制限はアレルギーの防止にはならない

続きを見る

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって方針はそれぞれ。 保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス。 保育園を嫌と思わせないために 保育園が子供にやりたいこと

続きを見る

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい。 芯を通る大きさのものなら口の中に入れてしまう危険がある。 食べ物でも、ピーナッツや飴、プチトマト、マスカットなどはのどに詰まらせたり

続きを見る

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれており子供の頃に発症することが多い。 てんかんは脳が突然興奮してんかん発作。 子供の場合、てんかん発作が続くと脳の発達が妨げられる。 静岡てんかん 神経医

続きを見る

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに多い。 川崎病の特徴 高熱が続く、38度の高熱が5日以上続くと注意が必要 目の充血、目の白目の部分が充血。目やにはでない。 いちごのように下がぶ

続きを見る

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。 ほとんどが五歳以下の乳幼児。 毎年夏はじめ頃から秋にかけて流行。 7月ごろにピーク。 いわゆる夏風邪といわれるもの。 ヘルパンギーナの症状 3

続きを見る

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかっている子供は学校のプールに入っていいか? 日本皮膚科学会などの3団体によると、しらみ、みずいぼ、ダニがあってもプールに入っていいという指針を発表した。 医学的根

続きを見る

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子、下半身が握りつぶされるような痛み。 39度を超える熱やのどの痛みと頭痛。 中学生の妹から移った。 精巣炎も併発し、左側の精巣が小さくなり精子を作る機能が

続きを見る

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、 女性はどうしても母乳を飲ませたかったわけではない。 でも胸が日中は母乳が溜まってカチカチになってしまい、 痛くて仕事に集中できなかった。 だから絞らざる

続きを見る

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早くしないと子供も着替えささないといけないし自分も仕事なので時間ないし。 幼い子供を持つワーキングマザーが身支度にかける時間は独身女性よりも約10分短い。 出勤

続きを見る

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑