「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。 発熱(38度以上)時の緊急度の目安 0~3か月 機嫌がよく食欲があっても24時間以内に受診 4~5か月

続きを見る

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出る という違いがあります。アレルギーとかぶれはまったく別物なのです。 親の妊娠中授乳中の制限はアレルギーの防止にはならない

続きを見る

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって方針はそれぞれ。 保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス。 保育園を嫌と思わせないために 保育園が子供にやりたいこと

続きを見る

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい。 芯を通る大きさのものなら口の中に入れてしまう危険がある。 食べ物でも、ピーナッツや飴、プチトマト、マスカットなどはのどに詰まらせたり

続きを見る

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれており子供の頃に発症することが多い。 てんかんは脳が突然興奮してんかん発作。 子供の場合、てんかん発作が続くと脳の発達が妨げられる。 静岡てんかん 神経医

続きを見る

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに多い。 川崎病の特徴 高熱が続く、38度の高熱が5日以上続くと注意が必要 目の充血、目の白目の部分が充血。目やにはでない。 いちごのように下がぶ

続きを見る

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。 ほとんどが五歳以下の乳幼児。 毎年夏はじめ頃から秋にかけて流行。 7月ごろにピーク。 いわゆる夏風邪といわれるもの。 ヘルパンギーナの症状 3

続きを見る

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかっている子供は学校のプールに入っていいか? 日本皮膚科学会などの3団体によると、しらみ、みずいぼ、ダニがあってもプールに入っていいという指針を発表した。 医学的根

続きを見る

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子、下半身が握りつぶされるような痛み。 39度を超える熱やのどの痛みと頭痛。 中学生の妹から移った。 精巣炎も併発し、左側の精巣が小さくなり精子を作る機能が

続きを見る

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、 女性はどうしても母乳を飲ませたかったわけではない。 でも胸が日中は母乳が溜まってカチカチになってしまい、 痛くて仕事に集中できなかった。 だから絞らざる

続きを見る

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早くしないと子供も着替えささないといけないし自分も仕事なので時間ないし。 幼い子供を持つワーキングマザーが身支度にかける時間は独身女性よりも約10分短い。 出勤

続きを見る

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

増える子供の拒食症。 13歳 150cm 45キロの女の子を例に。 念願の中学校に合格し、テストの成績は悪い。 テレビでアイドルを見てあの子みたいに痩せればなれるかな?とダイエット。 お弁

続きを見る

水痘水ぼうそう年間20人死亡おたふく風邪は難聴の後遺症

水痘(水ぼうそう) 毎年約100万人が発症 脳炎や肺炎などの重い合併症がある 強い痛みを伴う帯状疱疹の原因 予防接種は1歳になったらMRワクチン(麻疹(はしか)と風しん混合ワクチン)の次に

続きを見る

子供のおねしょの薬の副作用とは?

子供のおねしょを病院で治療するなら何をする? おねしょは5~6歳で15%、10歳でも10%近くいます。 結構みんなおねしょしてるんです。 ですけど、どう改善していくかが課題です。 あんまり

続きを見る

受けれる?受けれない予防接種はおたふく風邪ムンプスやB型肝炎ロタウイルス

水痘予防接種は定期接種予定 今年H26.10月、水痘(水ぼうそう)と成人肺炎球菌ワクチンの2ワクチンが定期接種になる予定です。 水痘は、一度かかると治ってもウイルスが体に残り、成人したあとに疲

続きを見る

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「不慮の事故」に含まれる。 平成25年の人口動態統計によると、「不慮の事故」は1~4歳の死因の第2位、 5~9歳では第1位となっている。 事故で最も多いのは

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑