5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 小児科、育児内科

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった。
国立成育医療研究センターの森臨太郎医師らのグループが、東京都内の医療機関で平成23年に死亡した5歳未満の子供の状況を調査し、浴槽で溺死など約4%である257例のうち10例が予防可能だったとする結果をまとめたとの事。
平成26年5月20日の産経新聞の生活欄より。

都内の700の病院・診療所などが調査に協力し、0~4歳の死亡事例のうち、カルテや担当医への聞き取りなどで詳細な状況が把握できた257例を分析した。

5歳未満の死因

  • 染色体異常や出生時の重症仮死など 68%
  • がんなどの病気や感染症 13%
  • 外傷や溺死、窒息などの外的要因 6%

小児医療や救急医療、法医学の専門家ら他職種で検討した結果、全体の3.9%に当る10例が保護者への啓発活動などで予防できた可能性が高いと判断された。

避けれた予防できたかもしれない例

保護者の添い寝で覆いかぶさって窒息してしまったり、目を離した隙に、風呂やプールでおぼれたりした事例があった。
また昼間に外来に受診して帰宅後、夜中にけいれんを起こすなど容体が急変した際に2度目の受診が適切になされなかったケースもある。
どんな症状が出たら受診する必要があるのか保護者に具体的な説明が必要との意見も出された。

こうした調査はチャイルド・デス・レビュー(CDR)と呼ばれる。
個々の死亡事例の背景を把握し、再発防止に役立てるのがいい。

自分でも心に刻んでおきたい

学校でもアレルギーがあるのに給食を食べさせて亡くなる例がありましたね。
100%の対策って言うのは不可能なのかもしれません。
ですが、ただ紙にメモを張って壁に貼って置けばよかっただとか、そんな簡単な日々のチェックで対策できるぐらいのものというのが、予防可能な死因だと思います。
お子さんの命というのは大変貴重なものなので、記事を読んで心に刻んでおきたいと思います。

関連記事

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

zunzun

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃ

記事を読む

>※BCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶたができる。

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

no image

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

no image

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細菌が

記事を読む

oneshota

子供のおねしょの薬の副作用とは?

子供のおねしょを病院で治療するなら何

記事を読む

no image

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約9

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑