5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 小児科、育児内科

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった。
国立成育医療研究センターの森臨太郎医師らのグループが、東京都内の医療機関で平成23年に死亡した5歳未満の子供の状況を調査し、浴槽で溺死など約4%である257例のうち10例が予防可能だったとする結果をまとめたとの事。
平成26年5月20日の産経新聞の生活欄より。

都内の700の病院・診療所などが調査に協力し、0~4歳の死亡事例のうち、カルテや担当医への聞き取りなどで詳細な状況が把握できた257例を分析した。

5歳未満の死因

  • 染色体異常や出生時の重症仮死など 68%
  • がんなどの病気や感染症 13%
  • 外傷や溺死、窒息などの外的要因 6%

小児医療や救急医療、法医学の専門家ら他職種で検討した結果、全体の3.9%に当る10例が保護者への啓発活動などで予防できた可能性が高いと判断された。

避けれた予防できたかもしれない例

保護者の添い寝で覆いかぶさって窒息してしまったり、目を離した隙に、風呂やプールでおぼれたりした事例があった。
また昼間に外来に受診して帰宅後、夜中にけいれんを起こすなど容体が急変した際に2度目の受診が適切になされなかったケースもある。
どんな症状が出たら受診する必要があるのか保護者に具体的な説明が必要との意見も出された。

こうした調査はチャイルド・デス・レビュー(CDR)と呼ばれる。
個々の死亡事例の背景を把握し、再発防止に役立てるのがいい。

自分でも心に刻んでおきたい

学校でもアレルギーがあるのに給食を食べさせて亡くなる例がありましたね。
100%の対策って言うのは不可能なのかもしれません。
ですが、ただ紙にメモを張って壁に貼って置けばよかっただとか、そんな簡単な日々のチェックで対策できるぐらいのものというのが、予防可能な死因だと思います。
お子さんの命というのは大変貴重なものなので、記事を読んで心に刻んでおきたいと思います。

関連記事

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

no image

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

>※BCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶたができる。

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑