赤ちゃんのBMIが将来に影響。母子手帳で1歳半検診 3歳検診をチェック

公開日: : 最終更新日:2014/01/30 小児科、育児内科

幼児期にBMIが増加に転ずる時期が(リバウンドの時期)が早いほど、将来に肥満や生活習慣病になりやすいことがわかってきた。
赤ちゃんの頃太っていたら小学生に上がる頃にも太っていて、生涯太る可能性も高いということでしょうか。
国内でも研究が進み、就学前から肥満予防に役立てることが期待されている。
BMIがリバウンドする時期について、3歳前ともっとも早く起きた群は12歳の時点のBMIが最も高かった。

3歳前にリバウンドが起きていた子供の主な特徴

  • 両親のいづれかが肥満
  • 兄や姉がいる
  • 保育園や幼稚園に通っておらず日中は家で過ごしている
  • 朝食を食べないことがある
  • 甘い菓子、スナック菓子をよくたべる
  • ジュースをよく飲む
  • 外遊びをあまりしない
  • 睡眠不足

赤ちゃんの頃から太る理由には、遺伝子の問題というのもありますが、
子供の頃から太る生活をしていること、親の育てる方針に問題があるようです。
赤ちゃんは元気に育てばいいわけで、それを問題をとるかどうかは親次第かもしれませんが。

リバウンドが早いと生活習慣病に繋がる

①肥満
②高血圧
③動脈硬化
まずは母子手帳で1歳半検診のBMI、3歳検診のBMIをチェック。

幼児から正しい生活習慣を

早寝早起き、朝食を食べる、外で元気に遊ぶ。

子供の肥満は早いほどリスクがあります。
肥満は高血圧や脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を引き起こす。
最近幼児のBMI(体格指数)の変化をみることで、将来の肥満のなりやすさを予測できることがわかってきた。
早い段階で肥満予備軍を見つけ、予防につなげる効果が期待されている。

関連記事

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

no image

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約9

記事を読む

no image

中学1年腹痛や頭痛や夜ゲーム、無気力で集中力低下の心身不調

新年度が始まり1ヶ月。 生活環境の変化

記事を読む

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。

記事を読む

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

no image

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出し

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑