大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 小児科、育児内科

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供の脳が損傷を受け、手足が不自由になる脳性まひ。(子宮破裂も原因の一つ)
治療は運動機能の改善を目指すリハビリが中心。
大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)では全国でも珍しい病院付属の肢体不自由児・重症心身障害児施設「大手前整肢学園」で効果的なリハビリに取り組む。

脳性まひにボイタ法

チェコの小児神経科医が開発、大阪赤十字病院が1975年に日本で始めて導入した「ボイタ法」。
仰向けや横向き、うつぶせの体勢で背中や腰などの「誘発帯」と呼ばれる特定の場所を指で軽く押さえると、意思とは無関係の反射性の運動が起こる。
これでざまざまな部位の筋肉を活動させる。

脳性まひの子供は、力がうまく入らなかったり、筋肉がこわばっていたりするため、通常の筋肉の動きを経験できない。
刺激で起きる反動運動を利用することで、元々体に備わっている動きを引き出せる。

リハビリは1日15分程度で1日4回

リハビリは1日15分程度で1日4回行うのが基本。
自宅でも毎日続ける必要がある。
大手前整肢学園は親子で4週間入園し、子供に集中的なリハビリを行うと同時に、親が理学療法士からボイタ法を学べる。

親子入園用の部屋(計7室)も整備しており、全国各地から患者が集まる。
ここで治療を受けている子供は外来を含めて1000人を超える。
脳性まひは時間が経てば症状が固定し、体が動きにくくなる。
できるだけ早い時期にリハビリを始めたほうが運動機能の改善が見込めると話す。

脳の損傷や症状はさまざまで、リハビリの効果にも個人差がある。
ただし、体幹や呼吸器の筋肉も強化できるので歩くのが難しい重度の患者さんでも症状の進行を遅らせることができる。
生活の質の向上にも効果が期待できる。
平成26年5月25日の読売新聞より。

関連記事

no image

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。

記事を読む

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

no image

受けれる?受けれない予防接種はおたふく風邪ムンプスやB型肝炎ロタウイルス

水痘予防接種は定期接種予定 今年H

記事を読む

no image

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子

記事を読む

zunzun

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃ

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20

記事を読む

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

no image
減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸がん(横行結腸部)を切除しました

→もっと見る

PAGE TOP ↑