母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。
若い20代での出産ではカバーできますが、それを過ぎるとカバーできなくなってきます。

冷えで母乳がでにくい、冷えの原因は痩せ

冷えがひどいと乳腺の発達が悪い。
冷えがひどければ整体をすすめ、授乳前に温めたりする。

年齢だけではない。
若い女性の過剰な痩せ願望が妊娠、出産、授乳に大きな影を落としている。
日本は先進国の中で肥満より痩せが多い特殊な国。
理想的な体系でも太っているといわれ、そうした傾向は小学校4年生頃から始まる。
適切な食生活を送らない漬けは本人ではなく、不妊、低体重児、母乳困難という形で子供にいってしまいます。

エンプティカロリー(栄養がない食事)が胎児に影響

エンプティカロリーとは、カロリーがあっても栄養のない食事のこと。
カロリーは足りていてもスナック菓子や甘い飲料など。
ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。

厚生労働省の統計によると、痩せすぎの指標とされるBMI(体格指数=体重㌔を身長㍍の2乗で割った数値)18.5未満の20代女性の割合は、昭和58年に14.6%だったが、平成24年には21.8%に上昇。
思春期にある程度の体脂肪率になることは出産を考えるうえで重要だという。

だが、太りたくないとの思いから食事を減らし、必要な栄養素が欠乏したまま大人になっても、「一生ダイエット」の状態が続く人が増えている。
出産年齢が若ければカバーできるかもしれない。
でも晩婚、晩産傾向は急には変えられない。

ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。