母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 小児科、育児内科

子供の頃からの積み重ねです。
若い20代での出産ではカバーできますが、それを過ぎるとカバーできなくなってきます。

冷えで母乳がでにくい、冷えの原因は痩せ

冷えがひどいと乳腺の発達が悪い。
冷えがひどければ整体をすすめ、授乳前に温めたりする。

年齢だけではない。
若い女性の過剰な痩せ願望が妊娠、出産、授乳に大きな影を落としている。
日本は先進国の中で肥満より痩せが多い特殊な国。
理想的な体系でも太っているといわれ、そうした傾向は小学校4年生頃から始まる。
適切な食生活を送らない漬けは本人ではなく、不妊、低体重児、母乳困難という形で子供にいってしまいます。

エンプティカロリー(栄養がない食事)が胎児に影響

エンプティカロリーとは、カロリーがあっても栄養のない食事のこと。
カロリーは足りていてもスナック菓子や甘い飲料など。
ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。

厚生労働省の統計によると、痩せすぎの指標とされるBMI(体格指数=体重㌔を身長㍍の2乗で割った数値)18.5未満の20代女性の割合は、昭和58年に14.6%だったが、平成24年には21.8%に上昇。
思春期にある程度の体脂肪率になることは出産を考えるうえで重要だという。

だが、太りたくないとの思いから食事を減らし、必要な栄養素が欠乏したまま大人になっても、「一生ダイエット」の状態が続く人が増えている。
出産年齢が若ければカバーできるかもしれない。
でも晩婚、晩産傾向は急には変えられない。

ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。

関連記事

no image

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。

記事を読む

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

no image

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、

記事を読む

no image

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約9

記事を読む

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑