母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 小児科、育児内科

子供の頃からの積み重ねです。
若い20代での出産ではカバーできますが、それを過ぎるとカバーできなくなってきます。

冷えで母乳がでにくい、冷えの原因は痩せ

冷えがひどいと乳腺の発達が悪い。
冷えがひどければ整体をすすめ、授乳前に温めたりする。

年齢だけではない。
若い女性の過剰な痩せ願望が妊娠、出産、授乳に大きな影を落としている。
日本は先進国の中で肥満より痩せが多い特殊な国。
理想的な体系でも太っているといわれ、そうした傾向は小学校4年生頃から始まる。
適切な食生活を送らない漬けは本人ではなく、不妊、低体重児、母乳困難という形で子供にいってしまいます。

エンプティカロリー(栄養がない食事)が胎児に影響

エンプティカロリーとは、カロリーがあっても栄養のない食事のこと。
カロリーは足りていてもスナック菓子や甘い飲料など。
ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。

厚生労働省の統計によると、痩せすぎの指標とされるBMI(体格指数=体重㌔を身長㍍の2乗で割った数値)18.5未満の20代女性の割合は、昭和58年に14.6%だったが、平成24年には21.8%に上昇。
思春期にある程度の体脂肪率になることは出産を考えるうえで重要だという。

だが、太りたくないとの思いから食事を減らし、必要な栄養素が欠乏したまま大人になっても、「一生ダイエット」の状態が続く人が増えている。
出産年齢が若ければカバーできるかもしれない。
でも晩婚、晩産傾向は急には変えられない。

ビタミンやミネラルなど自分の体を作る栄養に関心を持つ必要がある。

関連記事

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定

記事を読む

no image

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供

記事を読む

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

no image

水痘水ぼうそう年間20人死亡おたふく風邪は難聴の後遺症

水痘(水ぼうそう) 毎年約100万

記事を読む

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑