でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

公開日: : 最終更新日:2015/07/29 小児科、育児内科

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集中し、小児外科が有る一般病院は少ない。
大阪市天王寺にある大阪赤十字病院小児外科部長の松川先生は、小児科と小児外科が協調してこそ、小児医療が充実すると同病院を含む近畿の5つの基幹病院で小児外科の設立にかかわってきた。

臓器ごとに専門が分かれる一般の外科医と違い、小児外科は全身が守備範囲。
松川先生は特にへその治療で豊富な実績がある。
新生児の5~10人に1人見られる病気が臍ヘルニア。

でべその手術

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫
へその穴が閉じず、腸が皮膚を押し出してでべそになる。
1歳までに9割が自然に治るが、その後はでべそのままになることが多い。
そういうときはへそのへこみをつくる手術を行う。
へその奥の筋肉の穴を閉じ、皮膚に切り込みを入れポケット状にする。
へその内部で切る為、傷が残らない。
過去10年間で約170人手術した。

ほおって置いても危険性はまずないが、幼稚園でプールを嫌がったり、友達にへそを引っ張られたりして悩む子は多い。
治癒後に泣いて喜ぶ子もいる。

へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

臍肉芽腫は本来は生後直ぐ途絶えるへその緒の血流が残って生じる。
しこりを糸で縛ったり、かき出したりする処置で3回の通院で完治。

小児外科が扱う日常疾患は様々だが患者が多いのは以外にも便秘。
子供の便秘は大きな病気が隠れているかもしれないので小児外科に集まる。
大半は宿便による便秘。
親が下剤や浣腸の使い方を知らないことが多い。

関連記事

no image

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20

記事を読む

no image

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供

記事を読む

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

no image

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜

記事を読む

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑