でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

公開日: : 最終更新日:2015/07/29 小児科、育児内科

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集中し、小児外科が有る一般病院は少ない。
大阪市天王寺にある大阪赤十字病院小児外科部長の松川先生は、小児科と小児外科が協調してこそ、小児医療が充実すると同病院を含む近畿の5つの基幹病院で小児外科の設立にかかわってきた。

臓器ごとに専門が分かれる一般の外科医と違い、小児外科は全身が守備範囲。
松川先生は特にへその治療で豊富な実績がある。
新生児の5~10人に1人見られる病気が臍ヘルニア。

でべその手術

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫
へその穴が閉じず、腸が皮膚を押し出してでべそになる。
1歳までに9割が自然に治るが、その後はでべそのままになることが多い。
そういうときはへそのへこみをつくる手術を行う。
へその奥の筋肉の穴を閉じ、皮膚に切り込みを入れポケット状にする。
へその内部で切る為、傷が残らない。
過去10年間で約170人手術した。

ほおって置いても危険性はまずないが、幼稚園でプールを嫌がったり、友達にへそを引っ張られたりして悩む子は多い。
治癒後に泣いて喜ぶ子もいる。

へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

臍肉芽腫は本来は生後直ぐ途絶えるへその緒の血流が残って生じる。
しこりを糸で縛ったり、かき出したりする処置で3回の通院で完治。

小児外科が扱う日常疾患は様々だが患者が多いのは以外にも便秘。
子供の便秘は大きな病気が隠れているかもしれないので小児外科に集まる。
大半は宿便による便秘。
親が下剤や浣腸の使い方を知らないことが多い。

関連記事

no image

水痘水ぼうそう年間20人死亡おたふく風邪は難聴の後遺症

水痘(水ぼうそう) 毎年約100万

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

no image

絞扼性イレウスに気づくには発熱、おなかの張り、吐き気、嘔吐

絞扼性イレウスについてご説明します。

記事を読む

no image

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細菌が

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

no image

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑