でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

公開日: : 最終更新日:2015/07/29 小児科、育児内科

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集中し、小児外科が有る一般病院は少ない。
大阪市天王寺にある大阪赤十字病院小児外科部長の松川先生は、小児科と小児外科が協調してこそ、小児医療が充実すると同病院を含む近畿の5つの基幹病院で小児外科の設立にかかわってきた。

臓器ごとに専門が分かれる一般の外科医と違い、小児外科は全身が守備範囲。
松川先生は特にへその治療で豊富な実績がある。
新生児の5~10人に1人見られる病気が臍ヘルニア。

でべその手術

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫
へその穴が閉じず、腸が皮膚を押し出してでべそになる。
1歳までに9割が自然に治るが、その後はでべそのままになることが多い。
そういうときはへそのへこみをつくる手術を行う。
へその奥の筋肉の穴を閉じ、皮膚に切り込みを入れポケット状にする。
へその内部で切る為、傷が残らない。
過去10年間で約170人手術した。

ほおって置いても危険性はまずないが、幼稚園でプールを嫌がったり、友達にへそを引っ張られたりして悩む子は多い。
治癒後に泣いて喜ぶ子もいる。

へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

臍肉芽腫は本来は生後直ぐ途絶えるへその緒の血流が残って生じる。
しこりを糸で縛ったり、かき出したりする処置で3回の通院で完治。

小児外科が扱う日常疾患は様々だが患者が多いのは以外にも便秘。
子供の便秘は大きな病気が隠れているかもしれないので小児外科に集まる。
大半は宿便による便秘。
親が下剤や浣腸の使い方を知らないことが多い。

関連記事

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

川崎病の特徴

孫の突然の高熱と腹痛の原因は川崎病だった。首を触ると痛い

また夜10時からのドクターGを見ました。

記事を読む

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出し

記事を読む

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる

発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。

記事を読む

no image

水痘水ぼうそう年間20人死亡おたふく風邪は難聴の後遺症

水痘(水ぼうそう) 毎年約100万

記事を読む

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。

記事を読む

no image

赤ちゃんのBMIが将来に影響。母子手帳で1歳半検診 3歳検診をチェック

幼児期にBMIが増加に転ずる時期が(リバ

記事を読む

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑