発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

公開日: : 小児科、育児内科

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。
すぐ病院に行った方がいい。

発熱(38度以上)時の緊急度の目安

0~3か月

機嫌がよく食欲があっても24時間以内に受診

4~5か月

食欲や機嫌に問題がなければ急がなくてもいいが夜間の場合は翌日には受診

6か月以降

食欲や機嫌に問題なければあわてて受診せず様子を見る

解熱剤は熱を治す薬ではない。
熱による体力の消耗を抑えるために使う。

救急に受診した方がいい状態

食欲がなく水分もとれない
下痢、嘔吐、せきなど症状が激しい
機嫌が悪い、ぐったりする
痙攣がある
呼吸がおかしい

発熱時に家でできること

熱があがっているとき

悪寒、手足が冷たいうちは温める

熱があがりきったら

室温を下げて譜過ぎにして体を冷やす(わきの下、首、足の付け根)
水分補給(水、お茶、赤ちゃん用イオン水など)

元気な間にお風呂食事寝かしつけをおこなう

熱性けいれんの対処方法

熱性けいれんの対処方法
顔を横向きに寝かせ服をゆるめる
何分続いているか時間をはかる
左右差はあるかなど観察する
口にものを入れないゆすらない
体温を測る5~10以上続く場合救急車を

突発性湿疹

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
高熱が下がると顔や体に発疹が出る
急激に熱が上がるので熱性けいれんを起こすことも多い

関連記事

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出し

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

no image

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑