発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

公開日: : 小児科、育児内科

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。
すぐ病院に行った方がいい。

発熱(38度以上)時の緊急度の目安

0~3か月

機嫌がよく食欲があっても24時間以内に受診

4~5か月

食欲や機嫌に問題がなければ急がなくてもいいが夜間の場合は翌日には受診

6か月以降

食欲や機嫌に問題なければあわてて受診せず様子を見る

解熱剤は熱を治す薬ではない。
熱による体力の消耗を抑えるために使う。

救急に受診した方がいい状態

食欲がなく水分もとれない
下痢、嘔吐、せきなど症状が激しい
機嫌が悪い、ぐったりする
痙攣がある
呼吸がおかしい

発熱時に家でできること

熱があがっているとき

悪寒、手足が冷たいうちは温める

熱があがりきったら

室温を下げて譜過ぎにして体を冷やす(わきの下、首、足の付け根)
水分補給(水、お茶、赤ちゃん用イオン水など)

元気な間にお風呂食事寝かしつけをおこなう

熱性けいれんの対処方法

熱性けいれんの対処方法
顔を横向きに寝かせ服をゆるめる
何分続いているか時間をはかる
左右差はあるかなど観察する
口にものを入れないゆすらない
体温を測る5~10以上続く場合救急車を

突発性湿疹

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
高熱が下がると顔や体に発疹が出る
急激に熱が上がるので熱性けいれんを起こすことも多い

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑