発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

公開日: : 小児科、育児内科

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。
すぐ病院に行った方がいい。

発熱(38度以上)時の緊急度の目安

0~3か月

機嫌がよく食欲があっても24時間以内に受診

4~5か月

食欲や機嫌に問題がなければ急がなくてもいいが夜間の場合は翌日には受診

6か月以降

食欲や機嫌に問題なければあわてて受診せず様子を見る

解熱剤は熱を治す薬ではない。
熱による体力の消耗を抑えるために使う。

救急に受診した方がいい状態

食欲がなく水分もとれない
下痢、嘔吐、せきなど症状が激しい
機嫌が悪い、ぐったりする
痙攣がある
呼吸がおかしい

発熱時に家でできること

熱があがっているとき

悪寒、手足が冷たいうちは温める

熱があがりきったら

室温を下げて譜過ぎにして体を冷やす(わきの下、首、足の付け根)
水分補給(水、お茶、赤ちゃん用イオン水など)

元気な間にお風呂食事寝かしつけをおこなう

熱性けいれんの対処方法

熱性けいれんの対処方法
顔を横向きに寝かせ服をゆるめる
何分続いているか時間をはかる
左右差はあるかなど観察する
口にものを入れないゆすらない
体温を測る5~10以上続く場合救急車を

突発性湿疹

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
高熱が下がると顔や体に発疹が出る
急激に熱が上がるので熱性けいれんを起こすことも多い

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑