3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

公開日: : 小児科、育児内科

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい。
芯を通る大きさのものなら口の中に入れてしまう危険がある。
食べ物でも、ピーナッツや飴、プチトマト、マスカットなどはのどに詰まらせたり期間に吸い込んだりしやすい。
小さく切るか食べさせないようにする。
もし異物を飲み込んだりのどに詰まらせたりしたときはすばやい対応が必要。
窒息してしまいますから。

1歳未満を吐き出させる背部叩打法

子供の顎を立てひざと手で支えて固定する。
太ももの上に腕を乗せ、子供の頭を低くさせ、肩甲骨の間を手のひらの下の部分で叩く。

1歳以上を吐き出させる腹部突き上げ法

後ろから腹に両腕を回し、一方の手で握りこぶしをつくり親指側の上腹部(へそのすぐ上でみぞおちより下)
にあげる。
別の手で握りこぶしを上から握り、手前上方に向かって瞬間的に突き上げる。

とがった物、石油には注意

ただし、ガラス片や画鋲、針などは無理に吐き出させれば食道を傷つけるかもしれないので病院へつれていく。
大阪の異物誤飲ならここ。
また意識がない、痙攣しているなど、子供の状態によってはすぐ救急車を呼ぶこと。

灯油やマニキュア液、除光液などの摘発性の液体は無理に吐き出させると気管に入り、
肺炎を引き起こす危険がある。
牛乳を飲ませると体への吸収を早めてしまうこともあるので注意。

誤飲で困ったときの24時間相談窓口

小児救急電話相談
全国共通の#8000

日本中毒情報センター
大阪中毒110番 072-727-2499
つくば中毒110番 029-8520-9999

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑