保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/21 小児科、育児内科

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもちゃや場所の取り合いなどから、友達に噛みつくトラブルが起きやすい。
思いがけない行動に見え、親はわが子がする側でもされる側でも不安だが、
専門家は「たたく、ひっかくなどと同じく、子供の表現の一つ」と冷静な対応を呼びかける。

かみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

  • かみつきは、言葉で思いをうまく伝えられない時期の表現の一つ。
    言葉の発達に伴い事前に収まるので心配しすぎない。
  • 子供が集団でいるときはかみつきが起きないよう目配りする。
  • 噛まれた子には、痛みを言葉に同調しつつ、なだめる。
  • かみついた子には、一方的に叱るのではなく、「~がしたかったんだね」と本人の気持ちを代弁し、行為がいけないことだと伝える。

いけない行為と意識づけ

噛みつきは0歳から5歳に見られ、1歳児が最多。
男女差はない。
1歳ごろは、自分の意思を表現しようとする力が芽生える時期。
しかし言葉が未発達で思いをうまく伝えられず、噛みついてしまう。

噛みつきはどの子にでも起こりうる。
顔が見える保護者同士の関係を作れば、実際に起きた際、お互い様の気持ちで落ち着いて対処できる。

関連記事

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

増える子供の拒食症。 13歳 15

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

no image

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑