保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/21 小児科、育児内科

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもちゃや場所の取り合いなどから、友達に噛みつくトラブルが起きやすい。
思いがけない行動に見え、親はわが子がする側でもされる側でも不安だが、
専門家は「たたく、ひっかくなどと同じく、子供の表現の一つ」と冷静な対応を呼びかける。

かみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

  • かみつきは、言葉で思いをうまく伝えられない時期の表現の一つ。
    言葉の発達に伴い事前に収まるので心配しすぎない。
  • 子供が集団でいるときはかみつきが起きないよう目配りする。
  • 噛まれた子には、痛みを言葉に同調しつつ、なだめる。
  • かみついた子には、一方的に叱るのではなく、「~がしたかったんだね」と本人の気持ちを代弁し、行為がいけないことだと伝える。

いけない行為と意識づけ

噛みつきは0歳から5歳に見られ、1歳児が最多。
男女差はない。
1歳ごろは、自分の意思を表現しようとする力が芽生える時期。
しかし言葉が未発達で思いをうまく伝えられず、噛みついてしまう。

噛みつきはどの子にでも起こりうる。
顔が見える保護者同士の関係を作れば、実際に起きた際、お互い様の気持ちで落ち着いて対処できる。

関連記事

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑