境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 小児科、育児内科

小児科のない病院の受付で勤務していると、たまに中学生や小学生が受診に来ることがあります。今回の記事は内科と小児科の境目についてです。
予防接種だって、幼稚園児や赤ちゃんが来ることがあります。さすがに内科で予防接種はどうかと思いますが…
クリニックの先生ならば、お金のために見る人もいます。
知らずして病院に来るのはいいのですが、大抵親子連れの親の方はクレーマー気質があります。
病院の内科の先生にとっては、クレーマー=リスク=めんどくさいです。

あまり病院に文句を言い過ぎると見てくれる病院が減る

一般的に、内科は高校生以上、小児科は高校生以下です。
その親と言うのは、もう中学生だから診れるだろとか、断るのはおかしいだとか、キーキー、心拍数の上がるような金切り声で、不満をぶちまけますから、断る側も大変です。
患者側も病院に対して喧嘩を売るような行為をすると、診てもらえる病院が減る、逆に子供にとって選択肢が減るので不利になる一方なのですが…

内科で高校生以下を見て貰ったとしても、診断できないことを了承しないといけない

その場合、体が明らかに小さい小中学生は無理ですが、体の大きい中学生など、
医者に小児科が可能な場合や、薬剤師が子供向けの投薬が可能な場合、院外処方の場合、難しい処置が出来ないことを患者が了承した場合見てくれる内科の先生もいます。
その場合、薬や検査などの判断は大人の内科と子供の小児科は違いますから、医者のせいにはできません。
薬の量だって、子供の場合は量が少なくなるのでそういった量も調節してくれる薬局を使わないといけませんね。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑