熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

公開日: : 最終更新日:2015/12/21 小児科、育児内科

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出してひきつけ、けいれんを起こして救急車で運ばれたそうです。
白目をむいて泡を吹くそうですね。
子供が白目をむいて泡をふき、全身をがくがくさせている様子をみた親が、
脳に後遺症が残るのではないか、呼吸が止まって死ぬのではないかと考えパニックになるのももっともです。

実際に痙攣は、脳炎や髄膜炎など後遺症を残すような重症の病気の表れのこともあります。
ただ、大部分は熱性痙攣という良性のもので心配ありません。
多くは様子をみていると数分で治まるのでいくつかの項目をチェックして問題なければ、
普通の風邪と同じでそのまま家に帰ってもらいます。

チェックは脳炎や髄膜炎、てんかんなどを除外することが目的

  • 年齢が6ヶ月~6歳
  • 38度以上の発熱
  • 発熱から1日以内
  • けいれんは15分以内
  • 1度の発熱で1回のけいれん

などの項目を見ます。
これらが全て当てはまれば単純性の熱性けいれんと考え、まずは様子を見ましょうとなります。

1項目でも当てはまらないものがあれば、複雑性の熱性けいれんと考え、専門医療機関に紹介します。
ただ複雑性だからといって何か重症な病気があるとは限りません。

熱性けいれんの50%は1回だけ

2回目を起こすことはほとんどない。
そのため1回目の単純性熱性けいれんの場合には、
次に熱が出たときにけいれん予防の治療をしないのが一般で気です。
2回目を起こしたら次に発熱をしたときに予防のけいれん止めを使うことが多いと思います。

熱性けいれんは予防しないと繰り返しやすくなるということはありません。
3回目は起こさない可能性があり、予防しないというのも一つの選択肢です。

熱性けいれんは全子供の数パーセントが経験するありふれた病気で、その大部分は良性のものです。
そのうち起こさなくなるので安心して欲しいと思います。

関連記事

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもち

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定

記事を読む

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

no image

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑