子供のおねしょの薬の副作用とは?

公開日: : 小児科、育児内科

子供のおねしょを病院で治療するなら何をする?
子供のおねしょを病院で治療するなら何をする?
おねしょは5~6歳で15%、10歳でも10%近くいます。
結構みんなおねしょしてるんです。
ですけど、どう改善していくかが課題です。
あんまり引きずると子供の精神面で悪影響ですから。

生活指導で改善する場合

夜間の水分摂取を控える

子供は朝、あまり水分を取らずに出かけ、学校で汗をかいて帰宅後がぶ飲みするケースが多い。
朝からしっかり水分を取り、夕方までに1日の大半の水分を取っておけば夜の摂取量を減らせる。
夏の暑い時期、子供は1リットルから1.5リットルの水分を必要とする。
夜間はコップ1杯程度に抑え、利尿作用のある果物や塩分は控えることでかなり改善される。

生活指導で改善しない場合

排尿センサー付きのパッドを着用

おしっこが始まるとアラームが鳴るセンサー付きパンツで寝る。
欧米など海外では広く使われている。
夜間の排尿に対し敏感にすることで症状を改善する。

抗利尿ホルモン剤による薬物治療

腎臓に働きかけて尿の量を減らす薬。
ですが、子供のおねしょの薬には副作用もあります。
尿を減らす一方、体に水分を溜めるため、
水分を摂取しすぎると嘔吐したり意識障害になったりする水中毒を引き起こすことも有る。

さらに抗利尿ホルモン剤は速攻でおねしょに効くが、服用をやめると再発することも。
2~3ヶ月は飲み続ける必要がある。
学校の宿泊行事、修学旅行や臨海合宿など使うなら、直前ではなく少し前から訓練したほうがいい。
学校には服用の事実を伝え注意を促しておくことが大切。

おねしょは親子で悩まず病院でそうだんしましょう。
5歳でおねしょは夜尿症という病名がつきます。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑