おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

公開日: : 小児科、育児内科

年間103万人の新生児が誕生する。

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりを長くすると言葉の発達が遅れる

3歳過ぎても言葉がはっきり話せない、幼稚語になる。
お母さんはわかるが、他人にはわかりにくい。
おしゃぶりを咥えると、咥えることが当たり前になる。
言葉を発するチャンスが減る。
鳴くという意味は、泣き声が自分で聞いて発達する。
ブーブーバーバーも大人とのコミュニケーション。

おしゃぶりで歯並びが悪くなる

前歯の下と上がすいてしまう。
食べ物を噛み切れない。
3歳過ぎてのおしゃぶりは永久歯の歯並びも影響する。

おしゃぶりで中耳炎を繰り返す

耳管、ばい菌が中耳に行きやすくなる。

おしゃぶりは泣き止ます最終手段で

おしゃぶりをすると泣いている赤ちゃんは落ち着く。

できるだけおしゃぶりを使わず、なだめたり落ち着かせたり、いろいろな引き出しを作るのがいい。
お母さんがストレスを溜まっている時は、赤ちゃんは何をやっても泣くのを辞めない。
隠しアイテムとしておしゃぶりはいいが、日常で使うとよくない。
お母さんは楽だけど。

野菜はこまかく刻んでごまかすのは辞めたほうがいい

理解して食べないと好き嫌いは治らない。

赤ちゃんもお母さんも日焼け止めを塗って日向に出よう

海に行く、散歩でも送り迎えでもお母さんも赤ちゃんも一緒に日を浴びるのが大事。日焼け止めを塗ろう。
ビタミンDがないと骨が弱くなってしまう。
ビタミンDは日向15分、日陰30分でよい。
妊婦も日を浴びないといけない。

関連記事

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもち

記事を読む

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

no image

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子

記事を読む

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

>※BCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶたができる。

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

増える子供の拒食症。 13歳 15

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑