おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

公開日: : 小児科、育児内科

年間103万人の新生児が誕生する。

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりを長くすると言葉の発達が遅れる

3歳過ぎても言葉がはっきり話せない、幼稚語になる。
お母さんはわかるが、他人にはわかりにくい。
おしゃぶりを咥えると、咥えることが当たり前になる。
言葉を発するチャンスが減る。
鳴くという意味は、泣き声が自分で聞いて発達する。
ブーブーバーバーも大人とのコミュニケーション。

おしゃぶりで歯並びが悪くなる

前歯の下と上がすいてしまう。
食べ物を噛み切れない。
3歳過ぎてのおしゃぶりは永久歯の歯並びも影響する。

おしゃぶりで中耳炎を繰り返す

耳管、ばい菌が中耳に行きやすくなる。

おしゃぶりは泣き止ます最終手段で

おしゃぶりをすると泣いている赤ちゃんは落ち着く。

できるだけおしゃぶりを使わず、なだめたり落ち着かせたり、いろいろな引き出しを作るのがいい。
お母さんがストレスを溜まっている時は、赤ちゃんは何をやっても泣くのを辞めない。
隠しアイテムとしておしゃぶりはいいが、日常で使うとよくない。
お母さんは楽だけど。

野菜はこまかく刻んでごまかすのは辞めたほうがいい

理解して食べないと好き嫌いは治らない。

赤ちゃんもお母さんも日焼け止めを塗って日向に出よう

海に行く、散歩でも送り迎えでもお母さんも赤ちゃんも一緒に日を浴びるのが大事。日焼け止めを塗ろう。
ビタミンDがないと骨が弱くなってしまう。
ビタミンDは日向15分、日陰30分でよい。
妊婦も日を浴びないといけない。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑