おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

公開日: : 小児科、育児内科

年間103万人の新生児が誕生する。

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりを長くすると言葉の発達が遅れる

3歳過ぎても言葉がはっきり話せない、幼稚語になる。
お母さんはわかるが、他人にはわかりにくい。
おしゃぶりを咥えると、咥えることが当たり前になる。
言葉を発するチャンスが減る。
鳴くという意味は、泣き声が自分で聞いて発達する。
ブーブーバーバーも大人とのコミュニケーション。

おしゃぶりで歯並びが悪くなる

前歯の下と上がすいてしまう。
食べ物を噛み切れない。
3歳過ぎてのおしゃぶりは永久歯の歯並びも影響する。

おしゃぶりで中耳炎を繰り返す

耳管、ばい菌が中耳に行きやすくなる。

おしゃぶりは泣き止ます最終手段で

おしゃぶりをすると泣いている赤ちゃんは落ち着く。

できるだけおしゃぶりを使わず、なだめたり落ち着かせたり、いろいろな引き出しを作るのがいい。
お母さんがストレスを溜まっている時は、赤ちゃんは何をやっても泣くのを辞めない。
隠しアイテムとしておしゃぶりはいいが、日常で使うとよくない。
お母さんは楽だけど。

野菜はこまかく刻んでごまかすのは辞めたほうがいい

理解して食べないと好き嫌いは治らない。

赤ちゃんもお母さんも日焼け止めを塗って日向に出よう

海に行く、散歩でも送り迎えでもお母さんも赤ちゃんも一緒に日を浴びるのが大事。日焼け止めを塗ろう。
ビタミンDがないと骨が弱くなってしまう。
ビタミンDは日向15分、日陰30分でよい。
妊婦も日を浴びないといけない。

関連記事

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑