おたふくかぜが中学生の妹から移った

公開日: : 小児科、育児内科

おたふくかぜの症状の例

16歳男子、下半身が握りつぶされるような痛み。
39度を超える熱やのどの痛みと頭痛。
中学生の妹から移った。
精巣炎も併発し、左側の精巣が小さくなり精子を作る機能が低下した。

おたふくかぜの怖い合併症

無菌性髄膜炎1~10%
難聴0.01~0.5%
耳の下の腫れ60~70%
精巣炎、卵巣炎(思春期以降)5~40%

通常は無治療で1週間で治る

おたふくかぜはムンプスウイルスの感染で、熱が出たりほほや耳の下の腫れが出る病気。
治療法はないが、通常は1週間程度で治り、一度かかると再感染しない。

おたふくかぜは思春期以降にかかると重い合併症をおこしやすい病気。
精巣炎や卵巣炎などを発症して男女ともに不妊につながる恐れがある。

おたふくかぜには治療薬がないがワクチンで防ぐことができる。
今は任意接種となる。
ワクチンは改良され副作用が少ないが、それでも無菌性髄膜炎は1000人から1万人に1人の割合で起こるとされる。
ワクチンの副作用の懸念は強いが、
おたふく風邪を予防して重い後遺症につながる合併症の危険性を減らすメリットは大きい。
ワクチンで防げる病気をVPDといいます。

4割近くの学生は抗体を持っていない。
特に思春期以降の発病の危険性を考えると、免疫のない人へのワクチン接種は必要だ。

関連記事

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

川崎病の特徴

孫の突然の高熱と腹痛の原因は川崎病だった。首を触ると痛い

また夜10時からのドクターGを見ました。

記事を読む

zunzun

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃ

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑