「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

増える子供の拒食症。 13歳 150cm 45キロの女の子を例に。 念願の中学校に合格し、テストの成績は悪い。 テレビでアイドルを見てあの子みたいに痩せればなれるかな?とダイエット。 お弁

続きを見る

水痘水ぼうそう年間20人死亡おたふく風邪は難聴の後遺症

水痘(水ぼうそう) 毎年約100万人が発症 脳炎や肺炎などの重い合併症がある 強い痛みを伴う帯状疱疹の原因 予防接種は1歳になったらMRワクチン(麻疹(はしか)と風しん混合ワクチン)の次に

続きを見る

子供のおねしょの薬の副作用とは?

子供のおねしょを病院で治療するなら何をする? おねしょは5~6歳で15%、10歳でも10%近くいます。 結構みんなおねしょしてるんです。 ですけど、どう改善していくかが課題です。 あんまり

続きを見る

受けれる?受けれない予防接種はおたふく風邪ムンプスやB型肝炎ロタウイルス

水痘予防接種は定期接種予定 今年H26.10月、水痘(水ぼうそう)と成人肺炎球菌ワクチンの2ワクチンが定期接種になる予定です。 水痘は、一度かかると治ってもウイルスが体に残り、成人したあとに疲

続きを見る

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「不慮の事故」に含まれる。 平成25年の人口動態統計によると、「不慮の事故」は1~4歳の死因の第2位、 5~9歳では第1位となっている。 事故で最も多いのは

続きを見る

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。 我慢するのが原因。 5月はじめ便秘で学校を休んでしまった。 みんなに臭いといわれそうで怖かった。 ばれるのが怖いから遊ぼう言われても遊べない。

続きを見る

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、たまに中学生や小学生が受診に来ることがあります。今回の記事は内科と小児科の境目についてです。 予防接種だって、幼稚園児や赤ちゃんが来ることがあります。さすがに

続きを見る

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集中し、小児外科が有る一般病院は少ない。 大阪市天王寺にある大阪赤十字病院小児外科部長の松川先生は、小児科と小児外科が協調してこそ、小児医療が充実すると同病院を

続きを見る

中学1年腹痛や頭痛や夜ゲーム、無気力で集中力低下の心身不調

新年度が始まり1ヶ月。 生活環境の変化に対応できず、心身不調を訴える子供が目立ち始める時期。 特に学校生活が大きく変わる中学一年生は配慮が必要。 保護者は子供の変化を見逃さず不安な気持ちに寄り添

続きを見る

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃんを無理に泣き止ませようとして激しく揺さぶると、脳や眼にダメージを与えて 乳児揺さぶられ症候群SBSを引き起こしてしまうことがある。 赤ちゃんを縦に抱い

続きを見る

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出してひきつけ、けいれんを起こして救急車で運ばれたそうです。 白目をむいて泡を吹くそうですね。 子供が白目をむいて泡をふき、全身をがくがくさせている様子をみた親

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑