「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排出しようと過剰反応を起こす。 咳や喘息、皮膚病、アトピーせい皮膚炎を引き起こす。 フローリングのほうが危険です。 カーペットだとダニがしがみつく。

続きを見る

神経芽腫の特徴、読み方、治療

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読みます。 神経芽腫の特徴をご紹介します。 神経芽腫の特徴 子供の固形癌では脳腫瘍についで多い 副腎などにできやすい はじめは無症状だが、おなか

続きを見る

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して自分の声と聞いている成長の過程の行動。 眠くなった時、気持ちが高ぶって奇声を上げたりすることも。 赤ちゃんが奇声で泣くのはストレスだからじゃない

続きを見る

絞扼性イレウスに気づくには発熱、おなかの張り、吐き気、嘔吐

絞扼性イレウスについてご説明します。 読み方は「こうやくせいいれうす」と読みます。 腸閉塞の一種です。 腸がねじれて血流が遮断され、腸が壊死し激痛や嘔吐が起こる。 敗血症になり死亡する病気

続きを見る

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定期接種 ヒブ(インフルエンザ菌b型) 小児用肺炎球菌(プレべナー) 4種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ) BCG(結核ワクチン) MR(

続きを見る

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイントが載っていたのでご紹介します。 父親にとって思春期の子供のと関係は昔も今も悩みの種。 「キモイ」「ウザイ」といわれて遠ざけられ、酷い場合は関係断絶にいたるこ

続きを見る

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20代での出産ではカバーできますが、それを過ぎるとカバーできなくなってきます。 冷えで母乳がでにくい、冷えの原因は痩せ 冷えがひどいと乳腺の発達が悪い。

続きを見る

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約90% 30~34歳 約82% 35~39歳 約74% 40~44歳 約64% 45才以上 50% ※平成20~22、日赤医療センター提供(記載不足のた

続きを見る

孫の突然の高熱と腹痛の原因は川崎病だった。首を触ると痛い

また夜10時からのドクターGを見ました。 初めての小児科らしいですね。 来院1時間前 腹痛。 来院理由:今朝、孫の具合が急に悪くなった。 東京にいる娘の子を来院5日前、祖父と祖母が預かった。

続きを見る

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔、口腔、下気道:気管支、気管、肺、細気管支に感染し、潜伏期間は4~5日間。 症状の特徴 上気道炎 鼻水 せき(おう吐を伴うことがある) のどの

続きを見る

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもちゃや場所の取り合いなどから、友達に噛みつくトラブルが起きやすい。 思いがけない行動に見え、親はわが子がする側でもされる側でも不安だが、 専門家は「たたく、ひ

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑