「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもちゃや場所の取り合いなどから、友達に噛みつくトラブルが起きやすい。 思いがけない行動に見え、親はわが子がする側でもされる側でも不安だが、 専門家は「たたく、ひ

続きを見る

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。 おしゃぶりを長くすると言葉の発達が遅れる 3歳過ぎても言葉がはっきり話せない、幼稚語になる。 お母さんはわかるが、他人にはわかりにくい。 おしゃ

続きを見る

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供の脳が損傷を受け、手足が不自由になる脳性まひ。(子宮破裂も原因の一つ) 治療は運動機能の改善を目指すリハビリが中心。 大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)では全

続きを見る

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった。 国立成育医療研究センターの森臨太郎医師らのグループが、東京都内の医療機関で平成23年に死亡した5歳未満の子供の状況を調査し、浴槽で溺死など約4%である25

続きを見る

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜尿症。 おねしょと混同しがちだが、おねしょは生理現象で夜尿症は病気だ。 小学生に名手もお漏らしが続く場合は医療機関で治療を受けると良い。 子供の夜尿症

続きを見る

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度も性交渉をしたことがない夫婦。 10組のうち1組が不妊に悩んでいる。 ここ10年で増えてきている未完成婚は究極の草食性ともいえます。 愛し合っているけど特

続きを見る

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細菌が侵入し、炎症を起こす病気です。 小児がかかると、早期に診断して治療を開始しても十分な治療効果が得られず、 いまだに死亡率が5%、後遺症が30%です。

続きを見る

双子語研究の研究者に双子の子供を授かったと読売新聞

平成26年2月9日のくらし健康医療欄に双子研究者の冥利という記事がありました。 幼い双子の間だけで通じ合う双子語という言葉があります。 言葉といっても両親を含め他人にはまったく意味が理解できないた

続きを見る

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のながびく咳の中には突発的に短い動作を繰り返すチック症がか関わっている場合もある。 大阪府内の小学一年生の男児は2013年4月に小学校に入学した直後から、まばたきや

続きを見る

家庭で読む無料の先天性風疹症候群のマニュアル

先天性風疹症候群初の診療手引きが日本周産期・新生児医学会のホームページにあります。 http://www.jspnm.com/Teigen/docs/CRSver7a.pdf 妊婦が風疹に

続きを見る

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほうが可愛いといわれる。 だんだん大きくなり、幼稚園から小学生の頃に太っていると肥満、デブといわれるようになる。 なぜ赤ちゃんの頃はみんなふっくら太っているの

続きを見る

赤ちゃんのBMIが将来に影響。母子手帳で1歳半検診 3歳検診をチェック

幼児期にBMIが増加に転ずる時期が(リバウンドの時期)が早いほど、将来に肥満や生活習慣病になりやすいことがわかってきた。 赤ちゃんの頃太っていたら小学生に上がる頃にも太っていて、生涯太る可能性も高い

続きを見る

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑