「 小児科、育児内科 」 一覧

赤ちゃん、子育て、幼児の病気についてです。

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜尿症。 おねしょと混同しがちだが、おねしょは生理現象で夜尿症は病気だ。 小学生に名手もお漏らしが続く場合は医療機関で治療を受けると良い。 子供の夜尿症

続きを見る

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度も性交渉をしたことがない夫婦。 10組のうち1組が不妊に悩んでいる。 ここ10年で増えてきている未完成婚は究極の草食性ともいえます。 愛し合っているけど特

続きを見る

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細菌が侵入し、炎症を起こす病気です。 小児がかかると、早期に診断して治療を開始しても十分な治療効果が得られず、 いまだに死亡率が5%、後遺症が30%です。 特に

続きを見る

双子語研究の研究者に双子の子供を授かったと読売新聞

平成26年2月9日のくらし健康医療欄に双子研究者の冥利という記事がありました。 幼い双子の間だけで通じ合う双子語という言葉があります。 言葉といっても両親を含め他人にはまったく意味が理解できないた

続きを見る

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のながびく咳の中には突発的に短い動作を繰り返すチック症がか関わっている場合もある。 大阪府内の小学一年生の男児は2013年4月に小学校に入学した直後から、まばたきや

続きを見る

家庭で読む無料の先天性風疹症候群のマニュアル

先天性風疹症候群初の診療手引きが日本周産期・新生児医学会のホームページにあります。 http://www.jspnm.com/Teigen/docs/CRSver7a.pdf 妊婦が風疹に

続きを見る

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほうが可愛いといわれる。 だんだん大きくなり、幼稚園から小学生の頃に太っていると肥満、デブといわれるようになる。 なぜ赤ちゃんの頃はみんなふっくら太っているの

続きを見る

赤ちゃんのBMIが将来に影響。母子手帳で1歳半検診 3歳検診をチェック

幼児期にBMIが増加に転ずる時期が(リバウンドの時期)が早いほど、将来に肥満や生活習慣病になりやすいことがわかってきた。 赤ちゃんの頃太っていたら小学生に上がる頃にも太っていて、生涯太る可能性も高い

続きを見る

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑