しらみ、みずいぼはプールに入っていい

公開日: : 小児科、育児内科

人から人へうつる皮膚の感染症にかかっている子供は学校のプールに入っていいか?
日本皮膚科学会などの3団体によると、しらみ、みずいぼ、ダニがあってもプールに入っていいという指針を発表した。
医学的根拠についての解説を公表した。

学校感染症に指定されている、
伝染性膿痂疹(とびひ)伝染性軟属腫(みずいぼ)、アタマジラミ、疥癬の4疾患。
このうち、とびひだけはさわると症状が悪化しやすいことや、原因となる細菌の感染力が強く、肌がじかに接触すると移る恐れがあることから治るまではプールに入ってはいけない。
とびひ以外の3つは条件があるがプールに入っていい。

プールに入っていいルール

とびひ(細菌)プールに入ってはいけない。
みずいぼ(ウイルス)プールに入っていい。
あたまジラミ症(シラミ)プールに入っていい。
疥癬(ダニ)プールに入っていい。
ただし、医師の診断を受け、治療が始まってから。

注意

ビート版や浮き輪、タオル、水泳帽などプールの時間使う用具を共用しないこと。
感染原因となるウイルスや生き物が物を解して移る恐れがわずかにあるため。
アタマジラミと疥癬は治療を始めていること。
みずいぼも医師の診断を受けていることが前提。
どの感染症も親の自己判断は禁物。
症状があれば必ず皮膚科で受診し医師の判断を聞くようにしてほしい。

関連記事

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる

発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。

記事を読む

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定

記事を読む

no image

双子語研究の研究者に双子の子供を授かったと読売新聞

平成26年2月9日のくらし健康医療欄に双

記事を読む

no image

家庭で読む無料の先天性風疹症候群のマニュアル

先天性風疹症候群初の診療手引きが日本周産

記事を読む

no image

中学1年腹痛や頭痛や夜ゲーム、無気力で集中力低下の心身不調

新年度が始まり1ヶ月。 生活環境の変化

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑