男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

公開日: : 最終更新日:2014/12/22 小児科、育児内科

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度も性交渉をしたことがない夫婦。
10組のうち1組が不妊に悩んでいる。
ここ10年で増えてきている未完成婚は究極の草食性ともいえます。
愛し合っているけど特に性交渉がないのです。年間10組ぐらい来るそうです。

増える体外受精

高齢出産で体外受精も増えている。
2011年には32人に1人が体外受精。
数年後には小学校1クラスに1人は体外受精で生まれた子供という計算になる。

今注目されているのは卵子の凍結保存。
20代から卵子を保存しておいて20~40代になってから人工授精。
10個卵子保存の料金が50万。 
劣化しないので半永久的に保存できる。
1つの卵子で出産に行くのが10%20~30個保存しておけば1人。
妊娠する力は年齢を追うごとになくなる。

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

精子のほうが凍結技術は進んでいる。
子供を作りたいから長期間禁欲すると妊娠率が下がる。
古い精子は細胞が壊れていったり運動性が悪くなっている精子。
どんどん出していったほうがいい。

女性が逆立ちするほうが妊娠しやすいか?
逆立ちしても変わりません。都市伝説ですね。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑