子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

公開日: : 最終更新日:2014/05/12 小児科、育児内科

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜尿症。
おねしょと混同しがちだが、おねしょは生理現象で夜尿症は病気だ。
小学生に名手もお漏らしが続く場合は医療機関で治療を受けると良い。

子供の夜尿症の家庭での対策

  • 規則正しい生活をする
  • 水分の取り方に気をつける
  • 食事の塩分量を控えめにする
  • 就寝前にトイレに行く
  • 夜中、無理にトイレに起こさない
  • 体や布団を温める
  • 誉める、怒らない、他の子供と比べない、焦らない

どれぐらいの子供が夜尿症か?

おねしょは5歳未満の子供に見られる生理現象。
5歳を過ぎても週に2~3日以上、夜中におしっこを漏らす場合、夜尿症の可能性が高い。慢性の病気なので放置しないで欲しい。

小学校入学時点で10~15%、中学校入学時点で5%、高校入学時点でも3%程度の子供が夜尿症に悩んでいるという。
恥ずかしさもあり、周囲に相談しにくい病気、子供のプライドは傷つき、後片付けなどにストレスを感じる母親も多い。

夜尿症は病気、3つのタイプ

夜尿症は、夜間の尿量が多い「多尿型」、尿量は少ない膀胱が小さい「膀胱型」、
これらが合わさった混合型の3タイプに分けられる。

多尿型

多尿型は夜間、抗利尿ホルモン(尿を濃くして尿量を少なくするホルモン)の分泌が不足する。

膀胱型

膀胱型は膀胱が小さく尿をためる力が弱いことなどが原因。
夜遅い時間に飲食するなど生活の乱れやストレスなども原因となる。

水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜尿症は成長とともに治るケースもあるが、小学校入学後も頻繁に漏らすようなら早めに小児科や泌尿器科で受診する。
まず行われるのは生活指導、家庭での対策。
夜更かしや不規則な生活は症状を悪化させる為、早寝、早起き、朝ごはんという規則正しい生活が不可欠。

水分の取り方にも注意が必要で、朝食、昼食時はしっかり取り、夕方以降は減らす。
夕食は就寝の2~3時間前までに済ませその後の水分は控える。
喉が渇いたら氷を2~3個食べる。
入浴などで体を温めるのも重要。

追記、水分不足に注意

1日に必要な水分は1.5リットルといわれている。
子供だとそれより少し少ない。
だが夏場など脱水症は注意。子供は体温も高く汗もかきやすいので脱水症や熱中症になりやすい。

産経新聞平成26年5月6日より。
おねしょが長引く場合は病気の可能性もあるということですね。

関連記事

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑