年齢別(初産)退院時母乳率

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 小児科、育児内科

  • 24歳以下 94%
  • 25~29歳 約90%
  • 30~34歳 約82%
  • 35~39歳 約74%
  • 40~44歳 約64%
  • 45才以上 50%

※平成20~22、日赤医療センター提供(記載不足のため一部目分量)

初産婦の高年齢化

母乳支援の現場で多くの人が異変に気付いている。
背景の一つに初産婦の高年齢化がある。
国内69施設ある「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」の一つ、日本赤十字医療センター(東京都渋谷区)では、24歳以下の初産婦の退院時母乳率は94%だが、45才以上では50%。
日本赤十字医療センター周産母子・小児センター顧問の杉本充弘先生は、個人差もあるが高年齢になると基礎体力が落ちるのは確かという。

初産年齢は毎年のように上昇し、厚生労働省の人口動態統計では平成25年には30.4歳と過去最高に。
同病院でも約10年前から35歳以上の分娩が増え続けている。
高齢になると分娩の異常が増え、出産直後から頻繁な授乳が難しくなることも母乳が分泌しにくくなる原因の一つ。

関連記事

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。

記事を読む

no image

大阪で脳性まひ、ボイタ法が学べる施設、大手前整肢学園

妊娠中から出産前後に酸欠などが原因で子供

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもち

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

絞扼性イレウスに気づくには発熱、おなかの張り、吐き気、嘔吐

絞扼性イレウスについてご説明します。

記事を読む

oneshota

子供のおねしょの薬の副作用とは?

子供のおねしょを病院で治療するなら何

記事を読む

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑