年齢別(初産)退院時母乳率

  • 24歳以下 94%
  • 25~29歳 約90%
  • 30~34歳 約82%
  • 35~39歳 約74%
  • 40~44歳 約64%
  • 45才以上 50%

※平成20~22、日赤医療センター提供(記載不足のため一部目分量)

初産婦の高年齢化

母乳支援の現場で多くの人が異変に気付いている。
背景の一つに初産婦の高年齢化がある。
国内69施設ある「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」の一つ、日本赤十字医療センター(東京都渋谷区)では、24歳以下の初産婦の退院時母乳率は94%だが、45才以上では50%。
日本赤十字医療センター周産母子・小児センター顧問の杉本充弘先生は、個人差もあるが高年齢になると基礎体力が落ちるのは確かという。

初産年齢は毎年のように上昇し、厚生労働省の人口動態統計では平成25年には30.4歳と過去最高に。
同病院でも約10年前から35歳以上の分娩が増え続けている。
高齢になると分娩の異常が増え、出産直後から頻繁な授乳が難しくなることも母乳が分泌しにくくなる原因の一つ。