年齢別(初産)退院時母乳率

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 小児科、育児内科

  • 24歳以下 94%
  • 25~29歳 約90%
  • 30~34歳 約82%
  • 35~39歳 約74%
  • 40~44歳 約64%
  • 45才以上 50%

※平成20~22、日赤医療センター提供(記載不足のため一部目分量)

初産婦の高年齢化

母乳支援の現場で多くの人が異変に気付いている。
背景の一つに初産婦の高年齢化がある。
国内69施設ある「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」の一つ、日本赤十字医療センター(東京都渋谷区)では、24歳以下の初産婦の退院時母乳率は94%だが、45才以上では50%。
日本赤十字医療センター周産母子・小児センター顧問の杉本充弘先生は、個人差もあるが高年齢になると基礎体力が落ちるのは確かという。

初産年齢は毎年のように上昇し、厚生労働省の人口動態統計では平成25年には30.4歳と過去最高に。
同病院でも約10年前から35歳以上の分娩が増え続けている。
高齢になると分娩の異常が増え、出産直後から頻繁な授乳が難しくなることも母乳が分泌しにくくなる原因の一つ。

関連記事

no image

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出し

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

no image

おたふくかぜが中学生の妹から移った

おたふくかぜの症状の例 16歳男子

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑