中学1年腹痛や頭痛や夜ゲーム、無気力で集中力低下の心身不調

公開日: : 小児科、育児内科

新年度が始まり1ヶ月。
生活環境の変化に対応できず、心身不調を訴える子供が目立ち始める時期。
特に学校生活が大きく変わる中学一年生は配慮が必要。
保護者は子供の変化を見逃さず不安な気持ちに寄り添うようにしたい。

中学1年心身不調に注意

新年度が始まり新しい生活に慣れようと子供たちは一生懸命になる。
しかし5月になると疲れが出るうえ、大型連休で緊張感が緩む。
連休明けはいわゆる五月病のように無気力になったり、
心身の不調を訴えたりするケースも多い。
勉強や生活の変化の大きい中学一年生は、異なる小学校出身の生徒と一緒になって友人関係が複雑になるうえ、部活動では先輩後輩という明確な上下関係が生まれる。
勉強では教科ごとに教える教師がかわる教科担任制になり、学ぶ内容も難しくなる。
6月に最初の定期試験を行う学校も多い。
こうしたことからストレスを抱えて登校を渋り学校を休みがちになることがある。

不登校になるのを防ぐ為にも保護者は子供の変化を見逃さないようにして欲しい

  • 朝、なかなか起きてこない
  • 腹痛や頭痛など朝の不調を訴える
  • 夜遅くまでゲームに熱中している
  • 学校のことを聞いても答えない
  • 無気力で集中力が低下する
  • ささいなことでイライラする
  • 外出せず自分の部屋で過ごす事が増える、閉じこもりがち
  • 食欲がなくなり朝食を食べない、逆に食べ過ぎる
  • 宿題をやらなくなる
  • 服装を気にしなくなる

子供が無気力になると親はきつく叱りがち。
しかし怒るのではなく子供と接する時間を増やし、子供が何に不安を抱いているのかを見つけしっかりと話を聞いて欲しい。
私の母は昔から学校を休むと言葉で畳み掛ける人でした。
顔色が悪い、病院に行け、どうなってもしらんで!もし病気になっても会社は見てくれへんで!冷たいで!

過剰な気遣いにも注意

小学校高学年から中学生の思春期の子供は一人前に見られたいという気持ちが強くなる。
なるべく子供の自主性を重んじるようにし、優しく見守る。
また、保護者が悩みを1人で抱えないことも重要。

1日だけズル休みしたい…してみると1日体も楽で楽しかったりする。
学校に居場所がなかったり、楽しくなかったり、目的意識を見いだせなかったり、休むのが癖になってしまう。
学校に行くことが人生の全てではないですが、賢くないと話になりません。
子供は新生活に不安を持つことは当然。
戸惑いや悩みは成長のチャンス。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

no image
減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸がん(横行結腸部)を切除しました

→もっと見る

PAGE TOP ↑