夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

公開日: : 小児科、育児内科

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。
ほとんどが五歳以下の乳幼児。
毎年夏はじめ頃から秋にかけて流行。
7月ごろにピーク。
いわゆる夏風邪といわれるもの。

ヘルパンギーナの症状

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ
38~40度の急な発熱とのどの痛み。
口の中に直径1~2ミリほどの水泡ができる。
口内炎痛いですよね、だから口の中が痛い病気です。

国立感染研究所では平成28年6月28日までの一週間で1医療当たり平均1.48人。
近畿、特に大阪、奈良、和歌山は全国平均より高い。
大阪でも北部は6.07人、南河内は6人と大流行を示す「1医療機関当たり6人」を超えた。

せきとくしゃみを介して他人に移る。
くしゃみをする場合はティッシュなどで口や鼻を覆うことが重要。

関連記事

no image

食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 か

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる

発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。

記事を読む

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

同時接種で赤ちゃんの負担が少ない予防接種スケジュール

予防接種法に基づき自治体が行う乳幼児の定

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

乳幼児の風邪で緊急で病院に連れて行く判断、怖いRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、上気道:咽頭、鼻腔

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

no image

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。

記事を読む

no image

5歳未満の死因、外傷や溺死、窒息などが6%

5歳未満の子供の死、4%が予防可能だった

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑