夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

公開日: : 小児科、育児内科

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。
ほとんどが五歳以下の乳幼児。
毎年夏はじめ頃から秋にかけて流行。
7月ごろにピーク。
いわゆる夏風邪といわれるもの。

ヘルパンギーナの症状

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ
38~40度の急な発熱とのどの痛み。
口の中に直径1~2ミリほどの水泡ができる。
口内炎痛いですよね、だから口の中が痛い病気です。

国立感染研究所では平成28年6月28日までの一週間で1医療当たり平均1.48人。
近畿、特に大阪、奈良、和歌山は全国平均より高い。
大阪でも北部は6.07人、南河内は6人と大流行を示す「1医療機関当たり6人」を超えた。

せきとくしゃみを介して他人に移る。
くしゃみをする場合はティッシュなどで口や鼻を覆うことが重要。

関連記事

zunzun

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃ

記事を読む

no image

中学1年腹痛や頭痛や夜ゲーム、無気力で集中力低下の心身不調

新年度が始まり1ヶ月。 生活環境の変化

記事を読む

>※BCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶたができる。

川崎病でBCG注射を打った後が赤く腫れてかさぶた

これって川崎病? 0~4歳のお子さんに

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image

冷凍母乳の解凍の仕方、保育園に迷惑をかけてる?

冷凍母乳を保育園に預けることについて、

記事を読む

川崎病の特徴

孫の突然の高熱と腹痛の原因は川崎病だった。首を触ると痛い

また夜10時からのドクターGを見ました。

記事を読む

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集

記事を読む

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

拒食症は小学校4年生から。なりやすいタイプ

増える子供の拒食症。 13歳 15

記事を読む

no image

大人の肥満デブは赤ちゃん小学校高学年の頃からBMIが高い問題

赤ちゃん~幼稚園の頃はふっくらしているほ

記事を読む

no image

絞扼性イレウスに気づくには発熱、おなかの張り、吐き気、嘔吐

絞扼性イレウスについてご説明します。

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑