夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

公開日: : 小児科、育児内科

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。
ほとんどが五歳以下の乳幼児。
毎年夏はじめ頃から秋にかけて流行。
7月ごろにピーク。
いわゆる夏風邪といわれるもの。

ヘルパンギーナの症状

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ
38~40度の急な発熱とのどの痛み。
口の中に直径1~2ミリほどの水泡ができる。
口内炎痛いですよね、だから口の中が痛い病気です。

国立感染研究所では平成28年6月28日までの一週間で1医療当たり平均1.48人。
近畿、特に大阪、奈良、和歌山は全国平均より高い。
大阪でも北部は6.07人、南河内は6人と大流行を示す「1医療機関当たり6人」を超えた。

せきとくしゃみを介して他人に移る。
くしゃみをする場合はティッシュなどで口や鼻を覆うことが重要。

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑