保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

公開日: : 小児科、育児内科

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。
保育園によって方針はそれぞれ。
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス。

保育園を嫌と思わせないために

保育園が子供にやりたいことをやらせるには理由がある。
食べたいものを食べさせる
好きな物から食べさせる
手づかみでもいい
食べて健康になる方がいい

嫌だと思うと もうそこにいきたくないとなる。
子供も知らない場所に一人置いて行かれることになる。
すごい不安と緊張状態。
ちょっとでもその子に合わせた保育をと慣らし保育を設けられている。

保育園に行き始めると絶対に病気になる、対策はビタミン

保育園も毎日掃除をしている。
保育園は家の菌と全然違う菌がいる。
絶対に病気になる
野菜でビタミンをいっぱい取ってきてください。

0歳児はうつむかせる時間を長くしよう

ハイハイは腕の力を鍛える。
ハイハイ経験がないと、こけたときに手がでない、こけたとき顔面をすごいケガする。

だからうつむかせるわけだが、うつむくと疲れてきて嫌がってくる。
少々嫌がってもやらせるといい。
うつむきが長いと、こうやって動くのかとハイハイしだす。

座れるようになったら座らせ続けるのもよくない。
ハイハイせず動くとお尻で動いたりする。
それだと腕、足の筋肉が発達しない。

今の時代は部屋も狭い。
でも物が多いからすぐつかまり立ちして歩く。
ハイハイしない子もいる。

自分の子供を可愛がると、子供は他人も可愛がる

お父さんお母さんは自分の子供を可愛がってあげることが大事。
自分が大切に思ってもらっていると実感されないと自尊心も生まれない。
他人にも大切にする子供になる。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑