食物アレルギーとかぶれの違い

公開日: : 小児科、育児内科

食物アレルギーは食べると全身に反応
かぶれは触った皮膚にだけ反応が出る
という違いがあります。アレルギーとかぶれはまったく別物なのです。

親の妊娠中授乳中の制限はアレルギーの防止にはならない

食べ物が原因で乳児湿疹がでるわけではない。

アレルギーの原因は湿疹!?

湿疹ができてるとアレルギーが起きやすい。
荒れた皮膚から食べ物などが皮膚に浸透し抗体ができ反応が起きるのがアレルギー。
肌が空気に触れられて荒れるのが乳幼児湿疹。
肌ケアが大事。肌ケア、湿疹の予防がアレルギー予防につながる。
スキンケアし、少しずつ食べればアレルギーは治る可能性があります。

アレルギーの食品を病院で食べれるようにする検査がある

病院で食物経口負荷試験という検査がある。
安全な量を食べていくと少しずつ食べれる量が増えていく。

ステロイドを子供を使うことに抵抗は?

よくなってすぐやめてたらリバウンドする。
適量を塗る、治ったら1日おき、数日おきに塗る。少しずつ軽減してく。

1970年ごろ食物アレルギーという言葉が生まれた。
一定の物を食べると嘔吐や下痢をする症状。
当時は除去が一般的だったが今は食べなければ予防になるは間違い。
離乳初期にアレルギーを起こしやすい食べ物を食べたほうがアレルギーの防止になる。

ちなみに、アトピー性皮膚炎は睡眠不足の原因となり成長や学習に影響する子供もいる。

関連記事

no image

子供の重症の便秘に効果がある交換日記のうんち日記

子供の7割が便秘で重症化することが多い。

記事を読む

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイント

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

no image

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20

記事を読む

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり

細菌性髄膜炎は脳や脊髄を包む髄膜に細

記事を読む

oneshota

子供のおねしょの薬の副作用とは?

子供のおねしょを病院で治療するなら何

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

おしゃぶりは赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす

年間103万人の新生児が誕生する。

記事を読む

no image

長引く咳はチック症、親のしつけが原因ではない

チック症の多くは自然治癒です。子供のなが

記事を読む

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑