食物アレルギーとかぶれの違い

公開日: : 小児科、育児内科

食物アレルギーは食べると全身に反応
かぶれは触った皮膚にだけ反応が出る
という違いがあります。アレルギーとかぶれはまったく別物なのです。

親の妊娠中授乳中の制限はアレルギーの防止にはならない

食べ物が原因で乳児湿疹がでるわけではない。

アレルギーの原因は湿疹!?

湿疹ができてるとアレルギーが起きやすい。
荒れた皮膚から食べ物などが皮膚に浸透し抗体ができ反応が起きるのがアレルギー。
肌が空気に触れられて荒れるのが乳幼児湿疹。
肌ケアが大事。肌ケア、湿疹の予防がアレルギー予防につながる。
スキンケアし、少しずつ食べればアレルギーは治る可能性があります。

アレルギーの食品を病院で食べれるようにする検査がある

病院で食物経口負荷試験という検査がある。
安全な量を食べていくと少しずつ食べれる量が増えていく。

ステロイドを子供を使うことに抵抗は?

よくなってすぐやめてたらリバウンドする。
適量を塗る、治ったら1日おき、数日おきに塗る。少しずつ軽減してく。

1970年ごろ食物アレルギーという言葉が生まれた。
一定の物を食べると嘔吐や下痢をする症状。
当時は除去が一般的だったが今は食べなければ予防になるは間違い。
離乳初期にアレルギーを起こしやすい食べ物を食べたほうがアレルギーの防止になる。

ちなみに、アトピー性皮膚炎は睡眠不足の原因となり成長や学習に影響する子供もいる。

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑