食物アレルギーとかぶれの違い

公開日: : 小児科、育児内科

食物アレルギーは食べると全身に反応
かぶれは触った皮膚にだけ反応が出る
という違いがあります。アレルギーとかぶれはまったく別物なのです。

親の妊娠中授乳中の制限はアレルギーの防止にはならない

食べ物が原因で乳児湿疹がでるわけではない。

アレルギーの原因は湿疹!?

湿疹ができてるとアレルギーが起きやすい。
荒れた皮膚から食べ物などが皮膚に浸透し抗体ができ反応が起きるのがアレルギー。
肌が空気に触れられて荒れるのが乳幼児湿疹。
肌ケアが大事。肌ケア、湿疹の予防がアレルギー予防につながる。
スキンケアし、少しずつ食べればアレルギーは治る可能性があります。

アレルギーの食品を病院で食べれるようにする検査がある

病院で食物経口負荷試験という検査がある。
安全な量を食べていくと少しずつ食べれる量が増えていく。

ステロイドを子供を使うことに抵抗は?

よくなってすぐやめてたらリバウンドする。
適量を塗る、治ったら1日おき、数日おきに塗る。少しずつ軽減してく。

1970年ごろ食物アレルギーという言葉が生まれた。
一定の物を食べると嘔吐や下痢をする症状。
当時は除去が一般的だったが今は食べなければ予防になるは間違い。
離乳初期にアレルギーを起こしやすい食べ物を食べたほうがアレルギーの防止になる。

ちなみに、アトピー性皮膚炎は睡眠不足の原因となり成長や学習に影響する子供もいる。

関連記事

no image

境目は内科は高校生以上、小児科は高校生以下

小児科のない病院の受付で勤務していると、

記事を読む

zunzun

赤ちゃんを強く揺さぶると一時的に泣き止み静かな状態になる理由

乳児揺さぶられ症候群の予防へ。 赤ちゃ

記事を読む

no image

男性の禁欲は古い精子が溜まり妊娠率が下がる

産婦人科を訪れる夫婦で増えているのが一度

記事を読む

no image

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約9

記事を読む

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

夏風邪は口の中に水泡ができる痛い病気ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナはウイルス感染で発症。

記事を読む

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

でべそと便秘の小児外科。へそが赤くジュクジュクになる臍肉芽腫

小児外科の多くは大学病院やこども病院に集

記事を読む

no image

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜

記事を読む

no image

母乳が出にくい理由は冷えと栄養がない食事

子供の頃からの積み重ねです。 若い20

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

no image

しらみ、みずいぼはプールに入っていい

人から人へうつる皮膚の感染症にかかってい

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑