神経芽腫の特徴、読み方、治療

公開日: : 小児科、育児内科

神経芽腫の読み方は「しんけいがしゅ」と読みます。
神経芽腫の特徴をご紹介します。

神経芽腫の特徴

子供の固形癌では脳腫瘍についで多い
副腎などにできやすい
はじめは無症状だが、おなかの腫れやしこりにより見つかることがある
発熱や貧血の症状、不機嫌な状態などが表れる
悪性度の高いものや自然に治るものがある

神経芽腫とは?

交感神経の元になる細胞が正しく育たないために起こる。
1歳までに見つかるケースは治し易く、
癌が自然に消えることも有る一方、3歳前後で診断された患者には難病例が多い。
国内ではこうした子供たちが毎年100人ほどいる。

神経芽腫の治療

通常、抗がん剤や手術、放射線による治療が終わったあと再発を防ぐために2種類の薬が使われるが、
日本ではいずれも未承認。
このうち、「抗GD2抗体」という薬は既に中央病院などが治験をすすめているが
問題は妄一つの「イソトレチノイン」という薬。
ビタミンA構造を1部変えたもので、海外ではニキビ治療薬としても使われている。
非常に安価な薬のため、治験を行う企業が現れなかった。

今回、中央病院小児腫瘍科の河本博医長らはイソトレチノインそのものではなく、
白血病に使われている類似薬で治験を始めた。
イソトレチノインの10分の1でがん細胞を正常な細胞に変化させる可能性が研究で示されたため。
治験ではまず、癌を再発した子供12人に服用してもらい、最適な用量を決定する。
ビタミンAに似た構造ということは安くで安全で、ビタミンC薬などのように他の効能とかもありそうな気がする。
非常に楽しみです。

関連記事

no image

保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっ

記事を読む

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園で子供のかみつきの特徴と対処方法

保育園など乳幼児が集まる場所では、おもち

記事を読む

てんかん左を向いていく 目をぱちぱちをする 右の脳が発作 右手が上がり 明らかな発作症状

子供のてんかん発作を治療する理由

てんかんは100人に1人がかかるといわれ

記事を読む

no image

赤ちゃんはフローリングでダニが危険

チリの死骸や糞を多く吸い込めば、異物を排

記事を読む

no image

働くママが増やしたい時間ランキング

共働きの母の朝の支度は早い。 まあ早く

記事を読む

no image

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの芯の直径と同じぐらい

3歳児が口を開けるとトイレットペーパーの

記事を読む

no image

年齢別(初産)退院時母乳率

24歳以下 94% 25~29歳 約9

記事を読む

頭を舌にうつ伏せで支えて背中の真ん中をたたく

子供が突然苦しみ始めたら窒息から救う方法

お風呂での溺死や異物を飲み込む窒息死は「

記事を読む

no image

赤ちゃんが奇声で泣く理由

赤ちゃんが奇声を上げる理由は、声を出して

記事を読む

no image

子供のおねしょ。水分の取り方、朝昼多く夜少なく

夜寝ている間におしっこを漏らしてしまう夜

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑