父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

公開日: : 最終更新日:2014/11/11 小児科、育児内科

読売新聞に面白い思春期の子供対応ポイントが載っていたのでご紹介します。
父親にとって思春期の子供のと関係は昔も今も悩みの種。
「キモイ」「ウザイ」といわれて遠ざけられ、酷い場合は関係断絶にいたることも。
専門家は、親子関係を維持するには子の話をしっかり聞き、過干渉にならないよう気をつけることがポイントと説く。

父親が思春期の子、娘に接する際のポイント

父親が思春期の子に接する際のポイント

  • 子供の話をさえぎらず、うなずきながら聞く。
  • 相談内容や考え方が稚拙でも否定から入らない。
  • 子供の機嫌をとったり、ベッタリしたりする必要はない。
  • いざというときの存在感が大事。
  • 子供との距離感がよくわからない人は、話しかけられたら聞くというスタンスで

娘の場合にはさらに

  • 容姿には触れないのが無難。
  • 褒めたいなら妻が褒めたときに軽く便乗する程度でいい
  • 娘が突然化粧したり、ハイヒールを履いたりしても、「まだ子供なのに!」などと頭ごなしに怒らない。
  • 背伸びをしたがる年頃だと受け止めて

子供は指導して欲しいのではなく聞いて欲しい

指導される(説教される)と子供はそれ以降相談しづらくなり、心理的距離も広がる。
大切なのは傾聴と共感。
まずは「そうなんだ」と受け止め、
「それは確かに難しいな」「いやだよな」などと同調してあげる。
意見は求められたときだけ言うようにしましょう。

子育てに熱心なイクメンも実はコミュニケーションに注意が必要。
熱心のあまり、子供が思春期を迎えてもこれはだめ、あれはだめ、これがいい、それは危ない等と先回りしがち。
干渉しすぎて子供の自立を妨げてしまうこともある。
子供の力を信じて細かく口出ししないことも大切です。

父親が子供にはうっとおしい存在だろうと避ける先入観

これも距離を産む要因のひとつ。
典型的な例が、週末に自分が家に居てもうざいと思われるだけと、ゴルフなどに1人ででかけてしまうこと。
子供は父親に話したい、話を聞いてもらいたいと思っている。
子供に無理に話しかけなくてもいいので話しかけられたら傾聴できるように用意しておくのも大切です。

ちなみに、内科は高校生からです。小児科は中学生までです。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑