肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

公開日: : 肺、呼吸器内科

肺炎の原因は細菌、激しい咳、鋭い胸の痛み
ひどい肩のだるさ激しい咳。
命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった。
酸素投与が必要。

高齢者だと免疫力が弱っている熱が出ない。
熱が出ないと悪い。
痰の色はウイルス性だと白や透明だが、肺炎球菌などの菌になると黄色、緑、赤さび色になる。

肺炎球菌と脾臓の関係

脾臓は40代以上で小さくなると肺炎球菌からからだを守る機能も弱くなる。
小さくなると免疫機能が低下。
肺炎球菌を予防できる臓器は脾臓。
脾臓にはマージナルゾーンB細胞という物質が存在する。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
マージナルゾーンB細胞などを活性化させる。
マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ、肺炎球菌の膜に目印(抗体)をつける。
脾臓だけでしか作られない。

どうやって予防する?

ヒブと肺炎球菌の2ワクチンは効果あり
再び力をアップさせてくれるのがニューモバックスなどの肺炎球菌ワクチン。
脾臓が小さくなったら肺炎球菌ワクチン。
65歳以降で助成有。

65歳手前、免疫が落ちそう、
糖尿病(D)、呼吸器、免疫疾患があるば65歳以下でもうつことがある。

食欲低下で体力が低下するのもよくない。
胃腸の働きをととのえる漢方薬:補中益気湯がおすすめ。

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑