肺癌の検査は苦しい、肉眼で見る

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 肺、呼吸器内科

ブロンコファイバー、気管支鏡が苦しい
ブロンコファイバー、気管支鏡が苦しい。
意識があるまま喉から肺の入り口までカメラを持っていきます。
カメラを声帯から気管支に、気管支からそれぞれ枝分かれした肺の肺胞に向かう道を進む。
枝分かれして細くなる道を映像で確認、組織採取したりブラシで擦ったり洗ったりして、洗浄液を持ち帰ったりする。

なぜ大腸カメラも胃カメラもそうだけど、気管支カメラをしなければならないのかと言うと、
結局MRIとかCTとかをしても、事故が起こっている現場を見ているわけじゃないんです。
実際の現場を見てみることで真実がわかるというもの。

洗浄は、肉眼で見えなかったけどあることを見越して洗浄したりした液で細胞診をします。

癌がある、癌があるかもしれないというのは、手術目的になるので確実にその場所を把握することが必要だし、
転移しているかしていないかも判断する必要がある

BFブロンコファイバーの算定について

もし癌だとわかったら、転移していないか全身の検査をしたりして状態を把握して、
できるだけ早く入院して部位の切除をします。
もちろん早ければ早いほど成功率も、生存率も高いです。
(進行度合いによって変わります)

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑