肺癌の検査は苦しい、肉眼で見る

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 肺、呼吸器内科

ブロンコファイバー、気管支鏡が苦しい
ブロンコファイバー、気管支鏡が苦しい。
意識があるまま喉から肺の入り口までカメラを持っていきます。
カメラを声帯から気管支に、気管支からそれぞれ枝分かれした肺の肺胞に向かう道を進む。
枝分かれして細くなる道を映像で確認、組織採取したりブラシで擦ったり洗ったりして、洗浄液を持ち帰ったりする。

なぜ大腸カメラも胃カメラもそうだけど、気管支カメラをしなければならないのかと言うと、
結局MRIとかCTとかをしても、事故が起こっている現場を見ているわけじゃないんです。
実際の現場を見てみることで真実がわかるというもの。

洗浄は、肉眼で見えなかったけどあることを見越して洗浄したりした液で細胞診をします。

癌がある、癌があるかもしれないというのは、手術目的になるので確実にその場所を把握することが必要だし、
転移しているかしていないかも判断する必要がある

BFブロンコファイバーの算定について

もし癌だとわかったら、転移していないか全身の検査をしたりして状態を把握して、
できるだけ早く入院して部位の切除をします。
もちろん早ければ早いほど成功率も、生存率も高いです。
(進行度合いによって変わります)

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑