寝ているとき虫歯や歯周病菌の唾液で肺炎

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 肺、呼吸器内科

肺炎にかかる危険性が最も高いのは一日の中で寝ているときです。
日本人の死因の3割を占める肺炎。

寝ているときに唾が期間に入り肺炎を起こすのが多い

お年をめしてくるとごえんせい肺炎。
肺炎でなくなる9割以上が唾液、食べ物が気管に入ることです。
飲み込むとき、蓋が食道にありますが、この蓋を閉める機能が落ちるためです。
虫歯や歯周病菌が唾液と一緒に気管に入り肺炎。
口の中をきれいにして虫歯菌がないのがいい。

舌を掃除したりうがい薬も有効

舌ブラシなどでベロ表面が白くなっている白コケを取ることも、
うがい薬でうがいするのも有効です。

最近、嚥下機能を改善する為に胃ろうを作ったり、摂食リハビリをする病院が増えてきました。
病院での指導が重要なのは、こうした虫歯などで、本来食べれるのに食べれなくなる人が問題なんですね。
もし元気で食べれないことだけが原因で衰弱するのは家族としても悲しいです。

それだけが原因ならば、高齢者でも虫歯の治療、口腔をきれいにしてまた食べれるように慣れるのであれば食べたほうが、本人にとってのクオレィティーオブライフも向上すると思いますね。

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑