寝ているとき虫歯や歯周病菌の唾液で肺炎

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 肺、呼吸器内科

肺炎にかかる危険性が最も高いのは一日の中で寝ているときです。
日本人の死因の3割を占める肺炎。

寝ているときに唾が期間に入り肺炎を起こすのが多い

お年をめしてくるとごえんせい肺炎。
肺炎でなくなる9割以上が唾液、食べ物が気管に入ることです。
飲み込むとき、蓋が食道にありますが、この蓋を閉める機能が落ちるためです。
虫歯や歯周病菌が唾液と一緒に気管に入り肺炎。
口の中をきれいにして虫歯菌がないのがいい。

舌を掃除したりうがい薬も有効

舌ブラシなどでベロ表面が白くなっている白コケを取ることも、
うがい薬でうがいするのも有効です。

最近、嚥下機能を改善する為に胃ろうを作ったり、摂食リハビリをする病院が増えてきました。
病院での指導が重要なのは、こうした虫歯などで、本来食べれるのに食べれなくなる人が問題なんですね。
もし元気で食べれないことだけが原因で衰弱するのは家族としても悲しいです。

それだけが原因ならば、高齢者でも虫歯の治療、口腔をきれいにしてまた食べれるように慣れるのであれば食べたほうが、本人にとってのクオレィティーオブライフも向上すると思いますね。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑