寝ているとき虫歯や歯周病菌の唾液で肺炎

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 肺、呼吸器内科

肺炎にかかる危険性が最も高いのは一日の中で寝ているときです。
日本人の死因の3割を占める肺炎。

寝ているときに唾が期間に入り肺炎を起こすのが多い

お年をめしてくるとごえんせい肺炎。
肺炎でなくなる9割以上が唾液、食べ物が気管に入ることです。
飲み込むとき、蓋が食道にありますが、この蓋を閉める機能が落ちるためです。
虫歯や歯周病菌が唾液と一緒に気管に入り肺炎。
口の中をきれいにして虫歯菌がないのがいい。

舌を掃除したりうがい薬も有効

舌ブラシなどでベロ表面が白くなっている白コケを取ることも、
うがい薬でうがいするのも有効です。

最近、嚥下機能を改善する為に胃ろうを作ったり、摂食リハビリをする病院が増えてきました。
病院での指導が重要なのは、こうした虫歯などで、本来食べれるのに食べれなくなる人が問題なんですね。
もし元気で食べれないことだけが原因で衰弱するのは家族としても悲しいです。

それだけが原因ならば、高齢者でも虫歯の治療、口腔をきれいにしてまた食べれるように慣れるのであれば食べたほうが、本人にとってのクオレィティーオブライフも向上すると思いますね。

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑