歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

公開日: : 歯科、口腔外科

知覚過敏になると痛みを感じる理由

歯は健康な状態であればエナメル質と歯茎に覆われていて
冷たさなどの刺激が神経(歯髄)に伝わらないよう守られています。
それが歯周病の進行や加齢などにより歯茎が下がると、歯の根元部分の象牙質が露出してしまいます。
象牙質には神経につながる「象牙細管」と呼ばれる無数の穴が開いており、この穴を通じて受けた刺激が神経に伝わり、痛みを感じるのです。

知覚過敏になると歯垢が溜まり悪循環に

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品
知覚過敏になると歯がしみるので痛くて歯磨きが十分にできなくなり、歯垢がきちんと落とせなくなります。
歯垢には細菌が潜んでおり、その細菌が出す酸によって露出した象牙細管の穴がさらに広がって刺激を伝えやすくなり、痛みがますます強くなるという悪循環を繰り返してしまうことがあります。

歯垢は蓄積されると虫歯や歯周病の発症や悪化を招く原因にもなります。
歯垢を蓄積させないためには、歯磨きなどの毎日のケアが必要です。

知覚過敏の歯の磨き方

知覚過敏を予防する薬用成分である、「硝酸カリウム」や「乳酸アルミニウム」が入った歯磨き粉を使いましょう。

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

知覚過敏歯磨きと言われるカテゴリーがお勧めです。

松風 メルサージュ ヒスケア80g 医薬部外品 [ヘルスケア&ケア用品]


ライオン DENT.センシティブ SoftPaste

これらの成分は、刺激の伝達を防いだり、象牙細管の入口を封鎖したりする働きがあり、どちらも知覚過敏による痛みを防いでくれる。
作用する部位が違うので両方の薬用成分が入った歯磨き粉を継続して使うことがポイントです。

やわらかめの歯ブラシで歯茎の境目を

歯のこすり具合は「やわらかめ」の歯ブラシを使い、歯と歯茎の境目を中心に歯ブラシを5~10ミリぐらいに小刻みに動かしながら、軽い力で丁寧に磨くようにします。
歯磨き後のすすぎは冷たい水ではなくぬるま湯ですすぎましょう。

歯磨きの後うがいのしすぎはよくない?という意見もあるそうです。

糖尿病などの動脈硬化で歯周病が加速することもあります。

ヨーグルトで歯を磨くと歯周病菌が激減。

知覚過敏と思っていても虫歯の場合もあります。
痛みの症状が長く続くような場合は早めに歯科医院で相談するとよいです。

関連記事

no image

噛み合わせを悪くする行動クイズ、横向いてテレビはダメ

健康カプセル元気の時間で三宅裕司は咀嚼が

記事を読む

no image

歯が抜けた最新治療法、冷凍保存、豚のたんぱく質注入で骨を再生

従来の歯が抜けたあとの治療法 入れ

記事を読む

no image

たんが絡みやすい違和感の原因

たんが絡みやすい、声がかすれる、むせやす

記事を読む

no image

主な食品飲料のpH値の参考と予防法

自然な白い歯は健康の証。 歯の白さは表

記事を読む

歯は三層構造。白く透き通るエナメル質、黄色い象牙質、神経

歯が黄色くなる理由、象牙質、着色、変色

認知症 糖尿病 心筋梗塞 骨粗しょう症と

記事を読む

no image

口の中の舌咽頭喉の進行癌の術後は辛い治療。たかじんは食道がん

頭頚部癌は診療科の連携が必要 口の中の

記事を読む

no image

奥歯 虫歯 抜歯 ブリッジ 部分入れ歯 残りの歯が少ない 歯間

90歳までしっかり噛もう!歯イキイキ健康

記事を読む

no image

喉が膨らむ、疲労感、体重増加、食欲不振は橋本病

のどに潜む意外な病。 5年前からやたら

記事を読む

舌苔を取るのはガーゼで拭き取る

口臭の種類と防ぐ軽減する方法

口臭の種類 生理的口臭:最近が増殖

記事を読む

no image

歯並びと大人の噛み合わせが悪くなる習慣

歯並びが悪かったり、噛み合わせが悪かった

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑