幼児の上唇の使い方が早食いなどの癖の元になる

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 歯科、口腔外科

子供の虫歯についてかなり予防対策が進んできました。
これからは正しく噛むこと、飲み込むことの指導が大切です。

幼児の上唇の使い方が早食いなどの癖の元になる

離乳食の時期に最も重要なのは上唇を使って食べ物を捕らえる方法を覚えること。
幼児の食べ方を観察すると、上唇の使い方が上手な子がいる一方、いくらスプーンを近づけても口を開けるだけで上唇が全く動かない子もいる。

上唇を使わせるには、下唇の上にスプーンを置けばいいのだが、口に放り込むようにしたり、上唇に当るように入れたりしていると上唇が動かなくなる。

乳歯が生え揃う3歳になっても上唇が使えず、放り込むように食べている子供もいる。
こうした子供は大人になっても口に食べ物を詰め込んだり、よく噛まずに早食いしたりする癖が残りやすい。

噛む事は 脳に血流と酸素を与え、脳が活発になり、認知症対策にもなるぐらいです。
それは大人も同じく、幼児期にとって非常に重要なことです。
認知症前の軽度認知障害予防法

関連記事

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

厚生労働省の調査で毎日歯を磨く人は95%

記事を読む

一番歯に着色しやすいのはレモンティー

一番歯に色がつきやすいのはレモンティー

歯クイズ:最も歯に着色するのは?

記事を読む

no image

知覚過敏は象牙質内が膨張・収縮し歯髄神経を興奮させ痛み

知覚過敏が痛くなる理由 知覚過敏は

記事を読む

舌苔を取るのはガーゼで拭き取る

口臭の種類と防ぐ軽減する方法

口臭の種類 生理的口臭:最近が増殖

記事を読む

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

知覚過敏になると痛みを感じる理由

記事を読む

上歯を磨くとき、歯ブラシの裏側て舌の表面をこする

歯磨きで口臭が強くなる理由

一日の口臭の変化 もっともレベルが

記事を読む

no image

タバコで歯茎が痩せて黒い、不摂生で体臭で不快な臭い

歯周病は歯垢に含まれる細菌によって歯茎に

記事を読む

no image

進行舌癌のリンパ節に転移の手術で治った例

60歳女性は口の中の痛みに耐え食べ物を飲

記事を読む

no image

シバガスを日本で合法に体験する方法

違法なドラッグだが、自転車タイヤ補充用の

記事を読む

歯磨き1日2回寝るときが一番重要

歯磨き1日2回寝るときが一番重要

歯と歯の間、死肉の間が大事。 歯磨きは

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑