幼児の上唇の使い方が早食いなどの癖の元になる

公開日: : 最終更新日:2014/07/04 歯科、口腔外科

子供の虫歯についてかなり予防対策が進んできました。
これからは正しく噛むこと、飲み込むことの指導が大切です。

幼児の上唇の使い方が早食いなどの癖の元になる

離乳食の時期に最も重要なのは上唇を使って食べ物を捕らえる方法を覚えること。
幼児の食べ方を観察すると、上唇の使い方が上手な子がいる一方、いくらスプーンを近づけても口を開けるだけで上唇が全く動かない子もいる。

上唇を使わせるには、下唇の上にスプーンを置けばいいのだが、口に放り込むようにしたり、上唇に当るように入れたりしていると上唇が動かなくなる。

乳歯が生え揃う3歳になっても上唇が使えず、放り込むように食べている子供もいる。
こうした子供は大人になっても口に食べ物を詰め込んだり、よく噛まずに早食いしたりする癖が残りやすい。

噛む事は 脳に血流と酸素を与え、脳が活発になり、認知症対策にもなるぐらいです。
それは大人も同じく、幼児期にとって非常に重要なことです。
認知症前の軽度認知障害予防法

関連記事

no image

シバガスを日本で合法に体験する方法

違法なドラッグだが、自転車タイヤ補充用の

記事を読む

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

歯磨き粉に硝酸カリウムと乳酸アルミニウム入りの商品

知覚過敏になると痛みを感じる理由

記事を読む

歯、歯茎のレントゲンのイメージ

下歯肉癌手術方法とリスク、義歯の期間

質問 65歳女性です。下歯肉癌

記事を読む

歯磨き1日2回寝るときが一番重要

歯磨き1日2回寝るときが一番重要

歯と歯の間、死肉の間が大事。 歯磨きは

記事を読む

舌苔を取るのはガーゼで拭き取る

口臭の種類と防ぐ軽減する方法

口臭の種類 生理的口臭:最近が増殖

記事を読む

上歯を磨くとき、歯ブラシの裏側て舌の表面をこする

歯磨きで口臭が強くなる理由

一日の口臭の変化 もっともレベルが

記事を読む

no image

歯が抜けた最新治療法、冷凍保存、豚のたんぱく質注入で骨を再生

従来の歯が抜けたあとの治療法 入れ

記事を読む

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

厚生労働省の調査で毎日歯を磨く人は95%

記事を読む

no image

喉が膨らむ、疲労感、体重増加、食欲不振は橋本病

のどに潜む意外な病。 5年前からやたら

記事を読む

no image

顎関節症は癖で歯が当るから痛い

意外な癖も原因、顎関節症。 東京医科歯

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑