一番歯に色がつきやすいのはレモンティー

公開日: : 最終更新日:2014/11/11 歯科、口腔外科

歯クイズ:最も歯に着色するのは?

コーヒー、紅茶、赤ワインのどれ?
濃く歯に色がついたのは紅茶。
赤ワインは紫色の濃い色素がぎっしり。
答えは赤ワイン。
なぜ紅茶や赤ワインが歯に着色しやすいのかはわかっていない。

歯クイズ:紅茶と一緒に摂ると歯の着色を促してしまうのはどれか?

一番歯に着色しやすいのはレモンティー
牛乳、レモン、柿
答えはレモン。
レモンティーが一番歯に色がつきやすいという事実。
レモンは酸性なので酸は歯を溶かすから影響があるのかもしれません。
歯の着色を気にするならミルクティーがお勧めかもしれません。

気にしてワインや紅茶を食べないのではなく、
食べた後、口をゆすいだりブラッシングすれば問題ない。

歯を綺麗にする2つの方法

PMTC

Professional Mochanical tooth Cleaning
歯医者で機械を使って歯磨きをしてくれる。
エナメル質の表面についた黄ばみをプロが綺麗にする。

ホワイトニング

歯の内部の変色を漂白するものです。

間食すると虫歯になる理由

激痛が走るのが虫歯。二次虫歯が増えている。

歯クイズ:虫歯になりやすい人は、
食事を沢山食べる人、よく間食をする人、よくお酒を飲む人?
答えはよく間食をする人。

酸が歯を溶かす

食事をすると食べ物の糖分を虫歯菌が分解して酸にして歯を溶かす。
エナメル質が一度解けてしまう。それでも唾液で口の中が中性に戻るとエナメル質は回復します。
これを再石灰化といいます。丈夫さをキープしているのですが、
間食の回数が増えると酸化の回数が増え、再石灰化が追いつかない。

ほおっておけばぽっかり大きな穴が開いたり、歯がかけてしまったりする虫歯。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑