喉が膨らむ、疲労感、体重増加、食欲不振は橋本病

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 歯科、口腔外科

のどに潜む意外な病。
5年前からやたらと疲れやすい。
疲労感、食欲不振、体重増加、暇さえあれば横になる。
急に寒がりになる、寒さに弱くなる。

風邪を引いて病院へ、のどが膨らむのを指摘され、血液検査。

橋本病

橋本病は甲状腺の病気。
甲状腺ホルモンが低くなる病気。
甲状腺ホルモン低下症の代表例、甲状腺はホルモンを作る器官。
全身の新陳代謝を活発にしたり神経や臓器の機能を調節。

逆のバセドウ病

甲状腺ホルモンが過剰に分泌され全身の新陳代謝が高くなる。
動悸、発汗、手の振るえ。

治し方は飲み薬の服用

低下していれば甲状腺ホルモンの飲み薬。
飲んで治療していく、甲状腺ホルモンを補う薬1日1回服用。

うつ病ではないか更年期障害ではないか。
橋本病も隠れているかも。血液でわかる。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑