主な食品飲料のpH値の参考と予防法

公開日: : 最終更新日:2014/06/25 歯科、口腔外科

自然な白い歯は健康の証。
歯の白さは表面を覆うエナメル質の色に由来する。
歯の黄ばみを気にする人は多いが、この黄ばみは歯の汚れが原因ではなく、エナメル質が削れ、下の象牙質が透けて見えるケースがある。

エナメル質は歯ぎしりや硬い歯ブラシでも削れる

エナメル質は虫歯をはじめ、さまざまな要因でダメージを受ける。
例えば食べ物に含まれる酸でエナメル質が弱くなり、その状態で力が加わると削れてしまう。

歯ぎしりや硬い歯ブラシもエナメル質の大敵。
前者は酸蝕歯と呼ばれる症状だが日本人の4人に1人が酸蝕歯というデータもある。
象牙質の透けによる黄ばみを汚れと勘違いして、口の中が酸性の状態で歯を一生懸命に磨くとエナメル質がさらに磨り減ってしまい、逆効果になる。

主な食品飲料のpH値 5.5未満が歯が溶け始める酸性

酸蝕のリスクが高いのは、酸性・アルカリ性の度合を示すpH値が5.5未満の飲料や食品。
炭酸飲料や酒、果物など健康に良いとされる食品も歯のエナメル質を溶かしやすい。
PH値は1~1.5酸性、PH値7は中性、PH値14はアルカリ性となっています。

  • 炭酸飲料2.2
  • 梅酒2
  • ワイン・スポーツ飲料3.4~3.5
  • フルーツ3~4
  • ドレッシング3~4
  • ビール4.3
  • 野菜4~6
  • 肉・魚5~6
  • 紅茶5.5
  • 米・パン5~7
  • お茶6.3
  • チーズ6~7
  • 牛乳6.8
  • 水7

酸蝕の予防法

酸蝕は虫歯や歯周病と並んで歯の健康を損なう要因となるうえに、失われたエナメル質は元に戻らないので予防が大切。
歯の再石灰化を促進し、エナメル質を強化してくれるフッ素入りは磨き粉を使い、軟らかい歯ブラシで1本1本やさしく磨くことが重要。
また、食後すぐに水で口をゆすいだり、キシリトール入りのガムを噛んで唾液を出したりするのも効果的。

よく歯を強くする、虫歯を防止するのは寝ている間の唾液といいます。
炭酸ジュースが歯を溶かすというのは、炭酸飲料2.2と酸性だからですね。
寝る前に甘いものや酸性の強いものをたべてはいけないとは、口の中の環境が悪くなってしまう為でしょうね。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑