タバコで歯茎が痩せて黒い、不摂生で体臭で不快な臭い

公開日: : 最終更新日:2014/08/06 歯科、口腔外科

歯周病は歯垢に含まれる細菌によって歯茎に炎症が起きる病気だ。
歯を支える土台の歯槽骨が溶け、進行すると歯が抜けてしまう。

タバコで歯茎が減る理由

タバコに含まれるニコチンなどの有害物質は、歯茎の免疫機能を低下させ、炎症を強めて歯を支える歯槽骨も壊すとされている。

タバコで歯茎が黒くなる理由

タバコを吸う人は歯茎が痩せて黒い。不摂生で体臭があるのでタバコの臭いと混ざって不快な臭いがする。
タバコのニコチンやタールの成分が歯茎のメラニン色素を刺激して歯茎に沈着するからです。禁煙すれば進行を抑えられる。

タバコは歯周病を進行させます。
歯周病は虫歯と並び、歯を失う主な原因です。
最近の研究ではニコチンなどたばこ成分がこれらの原因となる細菌を歯にくっつきやすくし、歯周病や虫歯を進行させるとする研究報告も出始めています。
ヨーグルトで歯を磨くと歯周病菌が激減というニュースも以前ありました。

タバコが病気の発病リスクを高める理由

喫煙は、がんや心臓病、脳卒中など、様々な病気の発病リスクを高めることが知られている。
たばこの煙には約200種類の有害物質が含まれており、代表的なニコチンは依存性がある。また、一酸化炭素は動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中の発症のリスクも高めるほか、70種類以上の発癌物質も含まれている。

糖尿病の患者が歯周病になり安い理由はこちらに記載しています。

日本では保険で禁煙治療が受けられるのに利用率が低い。
医療機関での診察や健康診断などの場で禁煙を必ず勧め、禁煙したい人に禁煙外来の受診を促がす取組みももっとおこなうべきです。

関連記事

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑