歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

公開日: : 歯科、口腔外科

厚生労働省の調査で毎日歯を磨く人は95%。
5%毎日磨かないんだ…
ほどんどの人が毎日歯を磨いていますが、虫歯や歯周病の罹患率は高いです。
それは歯と歯の間(歯間)に残った歯垢が虫歯や歯周病の原因になるからです。

そこでオススメなのが歯間ブラシです。
歯間の歯垢は歯ブラシだけでは6割しか取り除けませんが、
歯間清掃用具を使うと、9割取り除くことができます。

歯間清掃用具の種類

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

デンタルフロス

歯間の隙間が狭い部分に使い、大人から子供まですべての人に使って欲しいアイテムです。
ホルダータイプ(Y字タイプ、F字タイプ)とロールタイプの2種類あり、初めての人には奥歯の歯間にも使いやすいY字タイプがオススメです。
使い方は歯茎を傷つけないようフロスを小さく動かしながら、
やさしく歯間に挿入し、歯の側面に押し当てるようにして上下に2~3回こすって歯垢を取り除きます。
隣り合った歯の側面両方をきれいにしてください。
別の歯間を掃除するときは、そのつどフロスについた汚れを洗い流すかふき取ってから使います。
すべての歯間清掃が終わったら最後に口をすすぎます。
そのときh、殺菌剤配合のデンタルリンスを使うとより効果的です。

歯間ブラシ

歯間の隙間が広い場合に使います。
使用する部位にあわせたサイズ選びが大切で、
目安は歯間にすっと抵抗なく挿入できるかどうか、初めて使う場合は小さいサイズから試すのがよいです。
使い方は、鏡を見ながら歯間ブラシを歯茎にあわせてゆっくり斜めに挿入し、
ブラシの先端が歯間に入ったら歯間ブラシを水平にして歯の側面にあわせて前後に2~3回動かして歯垢を取ります。
奥歯は内側からも掃除しましょう。
歯間に適したジェル状の歯磨き剤を使うとより効果的です。

磨き残した歯石を放置すると、石灰化して歯石になります。
そうなると歯ブラシなどでは落とすことはできません。
できれば1日1回歯間を掃除するようにしましょう。

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑