歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

公開日: : 歯科、口腔外科

厚生労働省の調査で毎日歯を磨く人は95%。
5%毎日磨かないんだ…
ほどんどの人が毎日歯を磨いていますが、虫歯や歯周病の罹患率は高いです。
それは歯と歯の間(歯間)に残った歯垢が虫歯や歯周病の原因になるからです。

そこでオススメなのが歯間ブラシです。
歯間の歯垢は歯ブラシだけでは6割しか取り除けませんが、
歯間清掃用具を使うと、9割取り除くことができます。

歯間清掃用具の種類

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

デンタルフロス

歯間の隙間が狭い部分に使い、大人から子供まですべての人に使って欲しいアイテムです。
ホルダータイプ(Y字タイプ、F字タイプ)とロールタイプの2種類あり、初めての人には奥歯の歯間にも使いやすいY字タイプがオススメです。
使い方は歯茎を傷つけないようフロスを小さく動かしながら、
やさしく歯間に挿入し、歯の側面に押し当てるようにして上下に2~3回こすって歯垢を取り除きます。
隣り合った歯の側面両方をきれいにしてください。
別の歯間を掃除するときは、そのつどフロスについた汚れを洗い流すかふき取ってから使います。
すべての歯間清掃が終わったら最後に口をすすぎます。
そのときh、殺菌剤配合のデンタルリンスを使うとより効果的です。

歯間ブラシ

歯間の隙間が広い場合に使います。
使用する部位にあわせたサイズ選びが大切で、
目安は歯間にすっと抵抗なく挿入できるかどうか、初めて使う場合は小さいサイズから試すのがよいです。
使い方は、鏡を見ながら歯間ブラシを歯茎にあわせてゆっくり斜めに挿入し、
ブラシの先端が歯間に入ったら歯間ブラシを水平にして歯の側面にあわせて前後に2~3回動かして歯垢を取ります。
奥歯は内側からも掃除しましょう。
歯間に適したジェル状の歯磨き剤を使うとより効果的です。

磨き残した歯石を放置すると、石灰化して歯石になります。
そうなると歯ブラシなどでは落とすことはできません。
できれば1日1回歯間を掃除するようにしましょう。

関連記事

舌苔を取るのはガーゼで拭き取る

口臭の種類と防ぐ軽減する方法

口臭の種類 生理的口臭:最近が増殖

記事を読む

no image

主な食品飲料のpH値の参考と予防法

自然な白い歯は健康の証。 歯の白さは表

記事を読む

no image

進行舌癌のリンパ節に転移の手術で治った例

60歳女性は口の中の痛みに耐え食べ物を飲

記事を読む

no image

奥歯 虫歯 抜歯 ブリッジ 部分入れ歯 残りの歯が少ない 歯間

90歳までしっかり噛もう!歯イキイキ健康

記事を読む

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image

たんが絡みやすい違和感の原因

たんが絡みやすい、声がかすれる、むせやす

記事を読む

no image

歯が抜けた最新治療法、冷凍保存、豚のたんぱく質注入で骨を再生

従来の歯が抜けたあとの治療法 入れ

記事を読む

歯、歯茎のレントゲンのイメージ

下歯肉癌手術方法とリスク、義歯の期間

質問 65歳女性です。下歯肉癌

記事を読む

上歯を磨くとき、歯ブラシの裏側て舌の表面をこする

歯磨きで口臭が強くなる理由

一日の口臭の変化 もっともレベルが

記事を読む

スクラッビング法

歯の磨き方は円を描く、歯に直角に、歯肉と歯の間

歯垢基本的には機械的な刺激がないと取

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑