歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

公開日: : 歯科、口腔外科

厚生労働省の調査で毎日歯を磨く人は95%。
5%毎日磨かないんだ…
ほどんどの人が毎日歯を磨いていますが、虫歯や歯周病の罹患率は高いです。
それは歯と歯の間(歯間)に残った歯垢が虫歯や歯周病の原因になるからです。

そこでオススメなのが歯間ブラシです。
歯間の歯垢は歯ブラシだけでは6割しか取り除けませんが、
歯間清掃用具を使うと、9割取り除くことができます。

歯間清掃用具の種類

歯垢を9割取り除くことができるデンタルフロス、歯間ブラシ

デンタルフロス

歯間の隙間が狭い部分に使い、大人から子供まですべての人に使って欲しいアイテムです。
ホルダータイプ(Y字タイプ、F字タイプ)とロールタイプの2種類あり、初めての人には奥歯の歯間にも使いやすいY字タイプがオススメです。
使い方は歯茎を傷つけないようフロスを小さく動かしながら、
やさしく歯間に挿入し、歯の側面に押し当てるようにして上下に2~3回こすって歯垢を取り除きます。
隣り合った歯の側面両方をきれいにしてください。
別の歯間を掃除するときは、そのつどフロスについた汚れを洗い流すかふき取ってから使います。
すべての歯間清掃が終わったら最後に口をすすぎます。
そのときh、殺菌剤配合のデンタルリンスを使うとより効果的です。

歯間ブラシ

歯間の隙間が広い場合に使います。
使用する部位にあわせたサイズ選びが大切で、
目安は歯間にすっと抵抗なく挿入できるかどうか、初めて使う場合は小さいサイズから試すのがよいです。
使い方は、鏡を見ながら歯間ブラシを歯茎にあわせてゆっくり斜めに挿入し、
ブラシの先端が歯間に入ったら歯間ブラシを水平にして歯の側面にあわせて前後に2~3回動かして歯垢を取ります。
奥歯は内側からも掃除しましょう。
歯間に適したジェル状の歯磨き剤を使うとより効果的です。

磨き残した歯石を放置すると、石灰化して歯石になります。
そうなると歯ブラシなどでは落とすことはできません。
できれば1日1回歯間を掃除するようにしましょう。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑