AEDの使い方、反応がなければ意識無しと判断

公開日: : 最終更新日:2014/08/25 胸痛、心臓発作、肺、狭心症、心筋梗塞、血管

AEDはどのように使うのか?

(児童体外指揮如才動悸、ではなく自動体外式除細動器です。)

まずは周囲の安全を確認してから近づきます。
意識の確認をします。
肩を叩きながら耳元で、「わかりますか?」繰り返す。

反応がなければ心臓マッサージとAED

反応がなければ意識無しと判断する。
周りに助けを求めます。
「あなた、119番通報お願いします」
「あなた、AEDを持ってきてください」
と具体的に指示を出します。
人がいなければ自分ひとりで行います。

呼吸の有無を確認する。
胸が上に上がっているか、お腹が上に上がっているか、普段通りの呼吸が出来ているか確認。
呼吸がなかれば、胸骨圧迫、心臓マッサージを行います。

心臓マッサージのやり方

胸の真ん中を、手のひらを重ね行う。
12345、肘を伸ばし、3角形を作り行う。
1分間に100回以上のリズム、5センチ沈む動作で行います。
体重をかける。

この間、胸骨圧迫を30回、可能なら続いて人工呼吸。
人差し指中指を顎にあて、顎をそらし、上に上げた状態で人工呼吸。
鼻をつまんで、人工呼吸を2回行います。
抵抗がある方は、胸骨圧迫を続けてください。

AEDが到着しました、使い方は?

AEDの操作に写ります。
バックパックを開けます。
開けると電源が入るAEDもあります。電源ボタンがあるものもあります。
音声ガイドが流れる。
パッドを装着する。服を脱がせます。
汗をかいていればタオルでぬぐってあげてください。

電極パッドを貼る。
右胸にシールを張り、左わき腹シールを貼る。
音声の通り、コネクターを本体に接続します。
電気ショックが必要かどうか器械が判断します。

ショックが必要とAEDが判断しました。
オレンジ色のボタンを押すとショックが流れます。
ただちに胸骨圧迫と人工呼吸を続けてください。

使うか迷うならAEDを使うこと

心臓マッサージは続けるということ、AEDは判断は器械が行うこと。
使うか使わないか迷う場合でもAEDを使って欲しい。
心室細動かどうかわからない場合でもAEDが判断します。

1分1秒を争う不整脈。倒れてから3分が生死を分ける。
ためらわず勇気を持ってあたること。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑