AEDの使い方、反応がなければ意識無しと判断

公開日: : 最終更新日:2014/08/25 胸痛、心臓発作、肺、狭心症、心筋梗塞、血管

AEDはどのように使うのか?

(児童体外指揮如才動悸、ではなく自動体外式除細動器です。)

まずは周囲の安全を確認してから近づきます。
意識の確認をします。
肩を叩きながら耳元で、「わかりますか?」繰り返す。

反応がなければ心臓マッサージとAED

反応がなければ意識無しと判断する。
周りに助けを求めます。
「あなた、119番通報お願いします」
「あなた、AEDを持ってきてください」
と具体的に指示を出します。
人がいなければ自分ひとりで行います。

呼吸の有無を確認する。
胸が上に上がっているか、お腹が上に上がっているか、普段通りの呼吸が出来ているか確認。
呼吸がなかれば、胸骨圧迫、心臓マッサージを行います。

心臓マッサージのやり方

胸の真ん中を、手のひらを重ね行う。
12345、肘を伸ばし、3角形を作り行う。
1分間に100回以上のリズム、5センチ沈む動作で行います。
体重をかける。

この間、胸骨圧迫を30回、可能なら続いて人工呼吸。
人差し指中指を顎にあて、顎をそらし、上に上げた状態で人工呼吸。
鼻をつまんで、人工呼吸を2回行います。
抵抗がある方は、胸骨圧迫を続けてください。

AEDが到着しました、使い方は?

AEDの操作に写ります。
バックパックを開けます。
開けると電源が入るAEDもあります。電源ボタンがあるものもあります。
音声ガイドが流れる。
パッドを装着する。服を脱がせます。
汗をかいていればタオルでぬぐってあげてください。

電極パッドを貼る。
右胸にシールを張り、左わき腹シールを貼る。
音声の通り、コネクターを本体に接続します。
電気ショックが必要かどうか器械が判断します。

ショックが必要とAEDが判断しました。
オレンジ色のボタンを押すとショックが流れます。
ただちに胸骨圧迫と人工呼吸を続けてください。

使うか迷うならAEDを使うこと

心臓マッサージは続けるということ、AEDは判断は器械が行うこと。
使うか使わないか迷う場合でもAEDを使って欲しい。
心室細動かどうかわからない場合でもAEDが判断します。

1分1秒を争う不整脈。倒れてから3分が生死を分ける。
ためらわず勇気を持ってあたること。

関連記事

no image

肺がん手術後結核2年 新薬デラマニドが承認で短縮も

複数の結核治療薬が効かない、多剤耐性結核

記事を読む

心臓の脂肪が心筋梗塞を起こす理由

白レバーは脂肪肝、ハツの白い脂はエイリアン脂肪

白レバーは鳥の脂肪肝 焼き鳥屋の白

記事を読む

no image

夜何回もトイレの夜間頻尿は心不全だった

トイレが近く夜も寝れない、尿がたまると痛

記事を読む

エイリアン脂肪がついた心臓の比較

エイリアン脂肪がついた心臓の画像の比較

エイリアン脂肪とは、異所性脂肪のこと

記事を読む

心臓カテーテルで弁の手術ができる新しい手術

心臓カテーテルTAVIの手術時間は2時間、入院期間は1週間

通常、心臓の弁の手術は胸を切り開き、肋骨

記事を読む

no image

突然死の血管の異常は動脈硬化によって引き起こされる

心臓病が突然死の6割 症状が起きて

記事を読む

no image

危険な狭心症の原因,症状,タイプ,診断,早期発見について

心臓を取りまく血管の一部が狭くなる。

記事を読む

no image

心臓の血管の骨化の原因はカルシウム不足

心臓は1日送り出す血液は2リットルペット

記事を読む

no image

心筋梗塞の手術、治療の現場

カテーテル90数パーセント成功する手術で

記事を読む

no image

性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習

記事を読む

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑