エイリアン脂肪がついた心臓の画像の比較

エイリアン脂肪がついた心臓の比較
エイリアン脂肪とは、異所性脂肪のこと。
本来からだの付くべきではない場所につく脂肪。
皮膚や内蔵周りに脂肪がつくが、脂肪がつきすぎると、脂肪細胞がない場所にも溜まる。
余分になった脂肪が心臓につく。
それがエイリアン脂肪。エイリアン脂肪がついた心臓の画像の比較でも一目でわかる。

心臓に脂肪がつきすぎると心筋梗塞を引き起こす

心臓に脂肪が多すぎると心筋梗塞が起こることがあり突然死に繋がる。
炎症性サイトカインという有害物質が発生。
血管の壁に傷が付き、血管が狭くなる。心筋梗塞の引き金に。

痩せている人の方が危険性が高い

痩せていると脂肪を溜め込む空間が少ない。
乳幼児や思春期に増えやすい。
成人になると数は変わらない。
若い頃に痩せていた人は脂肪細胞が少ない。
そのため、脂肪をつきすぎると心臓に溜まってしまう。
昔痩せていたのに急に太った人が危ない。

エイリアン脂肪はとれやすい

つきやすいけどもとれやすい。
生活習慣を変えることで短期間で減らせる可能性が高い。
1日1万歩以上、野菜をとる、脂っこい食べ物を控えるなど。
EPAが多い食材がいい。

併せて読みたい記事:脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑