白レバーは脂肪肝、ハツの白い脂はエイリアン脂肪

公開日: : 最終更新日:2016/04/04 胸痛、心臓発作、肺、狭心症、心筋梗塞、血管

白レバーは鳥の脂肪肝

白レバーは鳥の脂肪肝
焼き鳥屋の白レバー。
肝臓は脂肪がつかない組織。
鳥を太らせて肝臓に脂肪をためたもの、いわゆる脂肪肝なのです。

肝臓の脂肪は第3の脂肪、異所性脂肪と言われています。
脂肪肝は善玉コレステロールを減らしたり肝硬変や肝臓癌を引き起こします。

エイリアン脂肪は異所性脂肪のこと?

ハツってあるじゃないですか。
心臓。ハツには本来赤みの筋肉しかないはずなのに白い脂肪がついている。
心臓にたくさん脂肪がついた状態がエイリアン脂肪。
脂肪は昔は衝撃から守る、体温保持で邪魔なものだと思われていたが、現在の研究でそれだけではないことがわかってきた。

心臓の脂肪が心筋梗塞を起こす理由

心臓の脂肪が心筋梗塞を起こす理由
心臓の周りに付着すると細い血管を出して冠動脈に繋がる。
人間の体は本来あるはずない脂肪を異物と判断。
白血球の一種であるマクロファージがエイリアン脂肪を攻撃。
そのとき、マクロファージが脂肪を溶かそうとして毒を出すが、細い血管を通り冠動脈へ流れ込み、血管を破壊し動脈硬化を早めるとされている。

痩せている人も心臓脂肪はありうる

エイリアン脂肪は140~150ccになると心筋梗塞と関係があるといわれている。

脂肪は皮下脂肪 内臓脂肪で溜め切れなかった場合に、本来たまらない場所に脂肪がつく。それが肝臓や心臓。
もともと太っていない人は脂をしまうところがない。
急に太ると、本来つかない心臓などにたまることがある。
それが心臓であり肝臓である。

異所性脂肪はつきやすいけど取れやすい

炭水化物の取りすぎで脂肪を溜めやすい。
一食をジュースにして炭水化物の接種を控える。

エイリアン脂肪撃退ジュースなどの野菜ジュースを食事の代わりに一食すればダイエット効果。
人参1.5本、りんご二分の1個、レモン3分の1個。
糖が野菜に入っているそこで炭水化物を取る。
ビタミンミネラルを取る。

食事以外の改善は有酸素運動も効果的

ゾンビ体操とか紹介されてました。
最も簡単な有酸素運動。
手の力を抜いてその場でジョギング。
腕を動かさず肩を大きく動かす。
1分走って30秒歩く。

関連記事

no image

左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなって

記事を読む

no image

危険な狭心症の原因,症状,タイプ,診断,早期発見について

心臓を取りまく血管の一部が狭くなる。

記事を読む

no image

心臓の血管の骨化の原因はカルシウム不足

心臓は1日送り出す血液は2リットルペット

記事を読む

no image

夜何回もトイレの夜間頻尿は心不全だった

トイレが近く夜も寝れない、尿がたまると痛

記事を読む

心臓カテーテルで弁の手術ができる新しい手術

心臓カテーテルTAVIの手術時間は2時間、入院期間は1週間

通常、心臓の弁の手術は胸を切り開き、肋骨

記事を読む

エイリアン脂肪がついた心臓の比較

エイリアン脂肪がついた心臓の画像の比較

エイリアン脂肪とは、異所性脂肪のこと

記事を読む

no image

隠れ下肢静脈りゅの原因は深部静脈血栓症。症状は?

隠れ下肢静脈りゅチェックリスト 足

記事を読む

no image

AEDの使い方、反応がなければ意識無しと判断

AEDはどのように使うのか? (児童体

記事を読む

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入

下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治

記事を読む

no image

性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑