心房細動、脈が不規則、変化で血栓、脳梗塞、介護の長嶋茂雄

不整脈に潜む重症脳梗塞のリスク、心房細動が主な原因です。
脳の血管に血のかたまり、血栓が詰まって起きる脳梗塞は、究明されても手足の麻痺などの後遺症を引き起こすことがあり、介護される原因の1位を占めます。
発症3時間以内にt-PAという血栓を溶かす点滴で劇的によくなりますが、なかなかうまくは行かない)
食生活の欧米化や高齢化とともに増加の傾向にあり、なかdめおふせいみゃくである心房細動により心臓内でできた大きな血栓が脳に流れて太い血管を塞ぐケースは重大な症状を起こしやすいことがわかってきました。
予防でワーファリンなどの血栓融解剤が保険適応な理由です。) 続きを読む

肺がん手術後結核2年 新薬デラマニドが承認で短縮も

複数の結核治療薬が効かない、多剤耐性結核菌に感染すると、長期に及ぶ治療が避けられない。
川崎市内の男性70歳は2004年末に肺がんの手術を受け、その後再発もなかったが、2010年春頃から咳や熱が出始め、かかりつけの診療所でも風邪と診断された。 続きを読む