「 胸痛、心臓発作、肺、狭心症、心筋梗塞、血管 」 一覧

心室細動は一回起こって即死が多い、前兆は?

見逃すと危ない不整脈。 心臓の原因の突然死は年間6万人。 大半が心室細動という不整脈によるものなのです。 突然死を食い止める方法とは? 心室細動とは? 心臓の上の部屋、心房、下の部屋

続きを見る

心臓カテーテルTAVIの手術時間は2時間、入院期間は1週間

通常、心臓の弁の手術は胸を切り開き、肋骨を切り心臓をむき出しにし、心臓を人工心臓を使って一旦動きを止め、そのうちに弁を人工弁に切り替えるという大掛かりな手術。 非常に大変で体力のある患者にしかできな

続きを見る

性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習慣も原因。 リスクファクターが低いのに高い原因は性格。 タイプA 心筋梗塞になりやすい タイプB 心筋梗塞になりにくい 心筋梗塞になりやすいタイプA

続きを見る

夜何回もトイレの夜間頻尿は心不全だった

トイレが近く夜も寝れない、尿がたまると痛みが発生する、寝てるときには10分に1度の割合でトイレに行く。 クシャミで尿漏れ、頻尿。 日本大学医学部附属板橋病院 泌尿器 高橋先生 天皇陛下の前立腺摘

続きを見る

心房細動、脈が不規則、変化で血栓、脳梗塞、介護の長嶋茂雄

不整脈に潜む重症脳梗塞のリスク、心房細動が主な原因です。 脳の血管に血のかたまり、血栓が詰まって起きる脳梗塞は、究明されても手足の麻痺などの後遺症を引き起こすことがあり、介護される原因の1位を占めま

続きを見る

肺がん手術後結核2年 新薬デラマニドが承認で短縮も

複数の結核治療薬が効かない、多剤耐性結核菌に感染すると、長期に及ぶ治療が避けられない。 川崎市内の男性70歳は2004年末に肺がんの手術を受け、その後再発もなかったが、2010年春頃から咳や熱が出始

続きを見る

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

→もっと見る

PAGE TOP ↑